心理・真理カウンセラー 幸せの仕組み 

億万長者と言われる経営者を相手にメンターを勤めてきた心理(真理)カウンセラーが幸せと愛と霊性の仕組みについて書いてます

月蝕、日蝕のあった月は新たな風は吹かせない事

ごきげんよう

 

皆様 もう初夏を超え夏ですね。

天空図は風の時代の到来に

追い風を吹かせる勢いです。

 

先月末の満月🌕には皆既月蝕

先日の新月には金環日触

 

そしてその流れを汲んで、

今月、夏至を迎えます。

 

月も太陽も🌛🌞蝕を経て、

日照時間が変わる分岐点です。

 

この流れは非常に稀有。

時代の変化に追い風を吹かせます。

 

この時期、最も気を付けたいのは…

邪気・魔 です。

変化の折には必ず、

隙あらばと、

スルリも異質が入り込みます。

 

この、異質を見分ける能力は是非とも

身につけて頂きたいです。

 

勿論、第6感や勘で感じて頂くのが、

最も良いですが、

不慣れな方は、

思考と勘を、まさに勘違いします。

これからこうだから○○。と、

やっているものは思考です。

 

私は新しい出会いの中で、

その新しい方と

物理的距離が近いにも関わらず、

話をしなかった場合、

邪気を察知しています。

話さないようにしているのではなくて、

お相手が近寄って来れないのです。

 

それが後々正解だったことは

数え切れません。

し、外れた事がありません。

この察知により、クライアント様も

自身の家族も盛大に守っています(笑)

 

見極めるコツは、

まずは形式的に異質であること。

 

・例えばカップルや家族の団体に

   この時期、独身さんが舞い込んできたり

 

・業態が異なる方が入られたり

 

・馴染もうと必死すぎる面が見えたり

 

・人あたりが良いのでそうは見えない

 

ひとつの目安ですが、

この時期の異質感は邪気や魔である事が

多いです。

 

そして、

この邪気や魔は、

感染、繁殖します。

 

人の心の中にある「魔」や「出来心」を

刺激するのです。

 

異質、という事は

その場にそぐわない、という事。

背伸びしてきてしまっている状態だったり、

下心があって来ていたりしているのです。

 

これは、良い影響があるはずないですよね。

 

何かの団体に新たな風を吹かせるのに

良い時期、というものがあります。

それは、秋〜冬です。

実りの時期なので、

この時期に新たな方を迎えるのは

適していますし、実りをもたらします。

 

月蝕や日蝕のある月に

(今年なら5月と6月)

新たな風を吹かせるために、

人材を補給するのは、

ちょっと厄介だったりします。

前々から話が出ていたなら良いです。

 

私のクライアント様も、

実は最近、私の勘付きにより、

金の亡者と化した近しい人間から

ギリギリで逃げました。

 

この時期の【邪気・魔】には、

入り込む隙を与えないようにしましょう。

一旦この時期に入れてしまうと

とても、厄介で、

そこに元々いる

人間

皆の運気が下がります。

 

だから、違和感を、感じた人から、

来なくなるのです。

 

お気をつけあれ……

 

f:id:maa147:20210612124548j:image