心理・真理カウンセラー 幸せの仕組み 

億万長者と言われる経営者を相手にメンターを勤めてきた心理(真理)カウンセラーが幸せと愛と霊性の仕組みについて書いてます

ライオンズゲートとは・地獄の釜とは ②

前回の続きです。

 

さて、この地獄の釜とは?

天界の逆です。

成仏されていない魂たちが集まる場所です。

 

なんていうのかな・・・・

まだ、

肉体を引きずっている感覚を持って居るのです。

意識で言うと、

「死ぬことを了承できていない状態」

とでも言いましょうか。

 

この地球上では

あらゆる感情の学びに来ているということが

死んでも、なお思い出せない状態です。

通常は亡くなって肉体を離れる瞬間に理解します。

 

ただし一旦ここに集まったとしても

時間はかかるけれど

天界に還ることは出来ます。

 

が、

それは正気になって気が付けば、です。

正気を取り戻すことが出来ずに

そのままですと、

凡そ

魂は消滅し魑魅魍魎へと変化していくようです。

 

これらが住む世界が地獄の釜と呼ばれる場所です。

 

 

天界も

我々人間が住むこの浮世とは

次元が違いますが、

地獄の釜もまた、次元が異なります。

次元の違いとは

その場所や人が放っている周波数の違いです。

 

地獄の釜が開いている時期は

勿論、そちらの住人もいつもより、

こちらの世界を行き来しやすくなるという事なのです。

ですから、この時期波動は落としてはいけません。

 

周波数が少しでも近くなれば、

バッタリお会いすることになりかねません。

そして地獄の釜から来た住人たちは、

非常に依存心が強いので、助けて欲しがります。

もうお分かりですね・・・

憑依されますのでお気を付けください。

 

蛇足ですが実は私は

この天界との接点が生まれつき強く、

地獄の釜とは周波数が合わないのです。

ですから高次元の存在を

目にすることはあっても、

幽霊などを視ることは無いのです。

(周波数を合わせれば見る事は可能です)

 

そしてここからが

一番伝えたいところです(笑)

 

ライオンズゲートが開かれるという事は

天のエネルギーが高じる事になります。

陰陽でいう所の陽のエネルギーが強くなる時期。

 

どなたでも

天界とのアクセスが

楽に出来る時期で、

生きるためのヒントや

メッセージや啓示・ひらめきを

非常に受け取りやすい時期なのです!!

 

普段から天界との接点を

積極的に持とうとされる方は

(自己のハイヤーセルフと結びつきが強い人

 自分軸がしっかりしている人)

波動が高いため、

このエネルギーの上昇の状態に耐えられますし

影響を受けません。

寧ろ素敵なスピリチュアル体験をするかも知れません。

加えて天界からの大切なメッセージを受け取れます。

これは意識的にか無意識的にかはその方其々です。

 

 

が、反対に

天界との距離を日頃から置いている人は

(自己のハイヤーセルフと乖離が激しい、

 他人軸で生きている・物質の世界に惑わされる)

天界からの声や

スピリチュアルなサインに

無意識レベルで拒否反応が出るので、

具合が悪くなったり、

病気になったり、

望まない出来事に見舞われたりしやすいのです。

 

そして地獄の釜。

この時期は地獄の釜も開いているので、

波動が低く、周波数が合ってしまえば、

地獄の釜の方へ行ってしまった魂と

繋がりやすくなってしまうのも事実。

 

これはもう

犯罪に手を染めてしまったり、

狂気の中へ入ってしまうなど、

繋がってしまったら人生狂います。

生き地獄です。

 

 

それから余談ですが

この時期安らかに亡くなられる方は、

天界に心惹かれて未練無く逝ってしまった、という状態です。

どうしても近くなるので惹かれてしまうんでしょうね。

私の祖父母両方ともこの時期でした。

この時期老人が亡くなることが多いのは

暑さとは別の意味合いがあったのです。

 

 

今年は

風の時代に入って

最初のライオンズゲート。

風の時代の

自分に合った生き方へのメッセージや

サイン・ひらめきが

降りてくる可能性大ですので、

意識してスピリチュアルにお過ごしくださいませね。

 

でもくれぐれも

似非スピリチュアルを語っている人には

近づきませんように・・・・・

 

 

 

f:id:maa147:20210726205745j:plain

 


 

 

 

 

 

ライオンズゲートとは・地獄の釜とは ① 

ごきげんよう

 

夏本番がスタートしました。

今現在

エネルギーが揺らいでます。

 

この時期

地獄の釜が開くのと、

8月8日前後に

ライオンズゲートが開きます。

 

この上記の二つの扉が開く事の説明の前に

何故我々人間がこの地球に存在するのか?

という所からお話しなければなりません。

 

私達この地球にいる人間という生命体は

魂が生まれ出ることが出来る惑星の中で

一番次元の低い3次元を敢えて選んで生まれてきています。

 

 

なぜか?

この3次元は、

何かを叶えるのに瞬時ではなく

【行動】と【タイムラグ】が存在します。

 

例えば

「ピザが食べたい」と思った瞬間目の前に現れてくれません。

ピザを購入するお金というものが必要だったり、

ピザを購入するという行動を取ったり、

どのピザにするのか数ある種類の中から選んだりしなければなりません。

 

そうこうして、

初めて私たちはピサを食べることが出来るのです。

 

これが【行動】と【タイムラグ】です

 

そしてこれがピサだから簡単ですが、

恋愛・結婚・人間関係・

事業・幸せ・お金となると

思考も行動も感情も、

もっと複雑化しますよね?

 

この複雑化に於いて湧き出てくる全ての感情は

この地球でないと経験できない事柄なのです。

喜怒哀楽 

ここから派生するもっと細かい

心の機微まで。。。。

 

幸せなものから 

辛いものまで・・・

 

全て 感情の学びなのです。

 

この感情の学びを魂のアナタは、

喜んで経験したくてこの地球に飛び込んできたのです。

 

こんな不便な星に望んで生まれついた私達は

とても勇気のある魂なのですよ♡

 

そして、地球で学んだ事は全て

成仏して魂が還る天界に集められ

皆で学びを情報を共有します。

 

この成仏して魂の還る天界はあの世と呼ばれます。

ここは

《愛》《喜び》《至福》しか存在しない場所です。

 

そして毎年8月8日前後に

天界である、あの世のゲートが開くのです。

それが俗に言われる、

ライオンズゲートと言われるものです。

このライオンズゲートのネーミングは

恐らくこの時期太陽が獅子座にいるからでしょうね。

(因みに太陽星座が獅子座さんとか全く関係ないですw)

 

この考え方は非常に日本のお盆の考え方に似ています。

寧ろ同じ考察と考えて良いでしょう。

 

一般的に8月15日あたりのお盆の時期に

地獄の釜が開く、と言われていますが、

実際はもう少し前からです。

これは東京を中心とする新盆が

7月15日前後だからです。

 

この様な暦のズレによって

エネルギーもズレていくのですが、

正確にエネルギーを捉えていくと、

今年はどうも

7月26日あたりから

少しずつ地獄の釜が開いているようです。

 

さて・・

長くなりましたので地獄の釜のご説明は次の記事に。

 

f:id:maa147:20210726192517j:plain

 

 

繰り返される同じ様な問題は過去世から? 

ごきげんよう

 

今世、今を生きているアナタ。

この今を生きている今世のアナタが、

これを読む、

今のご年齢まで生きて来てみて、

同じ様な嫌なことを

繰り返した経験

ってありますよね?

 

何でこのトラブル繰り返すんだろう?

何でここでまたあの嫌な目に遭うんだろう?

相手を変えても同じ事繰り返される…

あ、また・・・

あ、来た、このパターンね。

 

などなど・・・。

 

現実的な性格や

自身の性質の問題は

少し横に置いておいて、

不思議ではありませんか?

何故、

同じ問題が繰り返し

ほじくり返されてくるのか?

 

勿論、

今現在の努力不足は否めませんからね。

それを前提にお話しますよ?

過去世や前世のせいかー

なーんだ

ってできないのがミソなんですよ。

 

いいですか?

 

時としてこの繰り返される

嫌な事の原因の深いところには

過去世

が関係しているケースがあります。

 

繰り返し言いますが、

だからと言って、過去世のせいにして

今世、努力をしなくて良いか

というとそうではない事をご説明しますね。

 

その前に、

同じ様な嫌な目に遭う事を

繰り返さない聡い方もいます。

こういう方は今世途轍もなく

【逃げない】ことを実践していらっしゃるのです。

それに加えて、、、、

実は近い幾つか前の過去世でも同じように

【逃げない】を実践して魂を鍛えていらっしゃるのです。

そして、次の人生はもっと【逃げない】をやろう!!

と魂に刻まれるような人生を送ってきた方なのです。

 

要するに魂が成熟しつつあるという事なのです。

立派ですよねぇ・・・

魂はきちんと覚えてますからね。

アナタの全てを。

 

さて

からくりをお話しましょう。

 

今世、

同じ様な

嫌な事に度重ねて遭うという事は

その事柄、

過去世でも繰り返し繰り返し

アナタが

逃げてきていることなんです。

 

だから今世に持ち越しているのです。

 

このからくりに気がついた聡い方々は、

繰り返したくないので、

「あちゃー

 やばい向き合っとかないと

 次の人生、愛もお金も

 悠々自適にならないや」

 

と、改心され、向き合って積極的に解決するという事をしているのです。

 

からくりに気が付くという事は

実に先を行く行動なのですよ。

 

 

そして皆様に朗報です。

この2000年代に生きている方々は、

この嫌な事を繰り返すパターンから

抜け出せる可能性を持った人々が

転生して来ていると言われています。

 

 

これはこれまでの歴史を見ても

稀な時代に皆さまは生れていらっしゃいます。

 

スピリチュアルな観点から見ても

とても稀有な時代なのです。

 

何故なら、

世界の民度が着実に上がり、

この手の話を理解できる方が増えているからです。

 

相手を変えても、

環境変えても、

自分を変えたつもりになっていても、

同じ様な

嫌な事を繰り返している方、

アナタの魂はもうそれから逃げることを

許してくれない時代が来てしまったのです。

 

逃げるな、向き合え!って

厳しく感じる方、いますか?

 

もしそうなら、こう言い換えてください。

 

逃げずに、自分を愛して!

 

問題になる事柄というのは

自身が一番解決したいと切に願っている事柄なのです。

 

ただ、解決しようと挑んで出来なかったとき

打ち砕かれる心が耐えられるか不安でいっぱいになるので、

挑めないでいるのです。

 

でもね、

環境変えても、

相手を変えても、

自分が変わったつもりでも

度重なって起きる、

同じ様な嫌な出来事から逃げてしまうという事は、

自分を愛さない行為なのです。

 

非常に刹那的で非建設的な行為なのです。

 

自分を愛するという事は

繰り返される問題を乗り越えた先に待っている幸せへ辿り着けるように

乗り越えようとする自分を信じ、励ます事なのです。

 

この自分を愛する行動を選択する人が、

人生から愛されないはずがありません。

 

諦めないで。

アナタの人生は

アナタだけが諦ずに進めるものなのです。

 

そして頭の片隅に

この2000年代に生まれて生きているという事は、

乗り越える可能性をふんだんに持って居るという事を

そっと置いておいてください。

 

ここいらで、その繰り返される問題、

終わりにしましょう。

一歩勇気を踏み出せば、

必ず救いの手が差し伸べられます。

 

f:id:maa147:20210709225736j:plain

 

 

 

 

 

 

 

カウンセリング後記 ~望みを引き寄せるのにカウンセリングが有効に働く有様~2

ごきげんよう

 

前回の続きです。

 

彼女へのカウンセリングの中で、

彼女が望むゴールへ行きつくのに、

必要な通過点をお話した一週間後、

全盲の彼女にとある事件が起きます。

 

私のカウンセリングの

とても強い特徴なのですが、

契約してクライアント様と

コネクトしていると、

願望成就のゴールまでに

身につけておくべき精神、

通過点の事を

お話してカウンセリングした後、

 

実体験で【深い理解】する

出来事が現実に起きるのです。

 

 

私は

これまで数多くのクライアント様を

請け負ってきましたが、

全てのクライアント様に起きています。

 

もうね

この現象に慣れても

クライアント様

みんな、老若男女問わず

いい反応で驚いてくれます!(笑)

 

心理学の面から見れば

この現象は

ごく当然の事ですが、

この現象を起こせない

カウンセラーは非常に多いです。

 

何故なら、

深堀が下手クソだから(笑)

 

魂に近づくほどのカウンセリングをしないと

現実世界で実体験して頂けるほどの

現実を動かす力を発揮させられないのです。

  

使命は氏名にあり。

同音異義語には音魂があります。

私の名は【真澄】と書きます。

神社に真澄の鏡というものがあるほど、

クライアント様の己を映し出す

カウンセリングをしていくのです。

 

 

 

今回このクライアント様には

携帯電話が職場で突然壊れてしまう、

と、いう出来事で現れました。

 

この時、頼れるのは職場の方々です。

が、このクライアント様、

職場では

    ・きちんとすべき

    ・世のため人のため正義は絶対

 

と、潰しの利かない考えの持ち主で、

職場で少々、揉めがちな体質なのです。

 

ですから職場で盲目の自分が

携帯電話が故障しても、

〈頼る・助けてもらう〉なんて

発想に行きつきません。

 

そんな堅物とも呼べる彼女・・・・

職場の方が手を差し伸べて下さいました^^

そして、私に以前から

カウンセリングで言われている、

・自分を受け入れ出来ない事は頼る

・お願いする

が、頭と心を過ったそうです。

 

この時初めて彼女は

「大丈夫です、出来ます」

と言わなかったのです。

 

「ありがとう。助けて下さい」

と素直に要請が出せたのです!!!

 

これを事後報告貰った私は

嬉しくて堪りませんでした。

 

でも私の喜びはここに留まらなかったのです!

 

その後クライアント様の口から

 

「携帯電話が壊れてしまって

 地方だからショップも

 無くとても不便で

 困る事ばかりだったけど、

 それでも、

 助けてくれる人に囲まれて、

 困ったこの期間、

 とても心が温かかったのです

 真澄さんの言う通り、

 世の中は優しく温かでした。」

 

と、報告下さったときには

私は泣いてしまいました。

 

勇気を出して人に

頼る事・お願いする事を実践できた彼女は

温かい世界にお引っ越ししたと言っても過言ではありません。

 

それを証拠に、

彼女が全盲である事も、

この携帯電話故障の事も知らない、

いつもお電話でやり取りなさる

とてつっけんどんな受け答えの

取引先の男性が、

この期間、電話の対応が別人の様に

とても柔らかく、と手お懇切丁寧で

初めて打ち解けて仕事の話をすることが出来たそうです。

 

今後は彼女はこの取引先の男性に

ビクビクしながら電話しなくて済む、と笑いながら話してくれました。

 

「彼に何があったんでしょうね(笑)」

 

と彼女は言うので、

私は

 

「貴女が変わったからよ

 住む世界が変わったのよ」

 

これにはとても驚いていらっしゃいました(笑)

 

でも、

ここまで読んでくださった読者様なら

お分かりですよね?

彼女は心の扉を開いたのです。

 

それは新しい世界の扉だったという事。

 

私がこれでまで彼女にカウンセリングしてきた、

出来ない事を見極めて頼る・お願いする

という精神的自立を実体験したのです。

 

この解説に彼女はとても驚き、

「真澄さんが仰る住む世界は

 自分次第・・・ってこの事ですか?」

と気づかれました。

 

今回のカウンセリング後記は

私の中で備忘録にしたかった部分と

読まれている方にも

当てはめていくと

分かりやすいのではないかしら?

と思い、ブログの方に詳細に書いてみました。

 

私はこの全盲のクライアント様の

「世の中は温かでした」

という言葉、忘れる事は無いと思います。

 

こんなに素晴らしい報酬はありません。

 

クライアント様、ありがとうございました。

今後も頑張って

望みへ近づいていきましょうね^^

 

注:カウンセリングから

  理解深まるこの現実現象は、

  クライアント様にとって

  一番理解しやすい現象を

  天やクライアント様の背後で守護されている方々が決めているようです。

  ですから同じカウンセリングをしても

  (同じカウンセリングってありませんが)

  皆さまの携帯電話が壊れる訳ではありません(笑)

  その方其々に現象は違って出ます。

  

  

 

f:id:maa147:20210627143012j:plain

 

 

 

 

 

 

 

カウンセリング後記 ~望みを引き寄せるのにカウンセリングが有効に働く有様~

昨日のカウンセリングセッション

 

唯一《全盲》のクライアント様です。


小学校に入ると同時に
親元離れて訓練施設へ入寮。

 

そこでは
「健常者と同じことを出来る様になる事」が
訓練生活の主軸です。

 

そして今、彼女は38歳。
長い事
《1人で何でも出来る》で生きて来ました。


仕事を持って、一人暮らし。
キャンピングカーで
アメリカ横断の海外旅行経験もしてます。

 

ですが、昨年末、
私のセミナーに参加して下さり、

 

「必死に生きるのでは無く、
 自分を幸せにする選択をしたい」

 

と、心動かされ、揺さぶられ、
一般の方向けの
カウンセリング・コーチングに
お申し込み下さいました。

 

私はまず、
彼女がやって来た事は

[精神的自立]

では無い事の本質をお話しました。

 

彼女が教わって信じて来た生き方は
自分で、生きていけますが、
独りなってしまう生き方なのです。

 

勿論、彼ら彼女らが経済的自立をして、
生活的自立を成す事は、
生きていく上で素晴らしい事です!
それを否定しているのではありません。

 

ただ、行き過ぎると、
肩肘を張る、

人との親和性を失う事になるのです。

 

自分の事が出来る様になったら、
次は、〈出来ない事〉を見極める、
これこそ精神的自立だと、

お話しているのです。

これには障害も健常も関係ありません。

〈出来ない事〉を見極め、

頼る・任せることは、

人をとても成長させます。
一人で背負う事が

素晴らしいことでは無いのです。

 

話を彼女に戻しまして…

先ずは彼女の根深い

“目が見えない事を言い訳にしたく無い”
という、

誤った思い込みを修正する事から始めました。

 

きつい様ですが、

“目が見えないのは生まれつきの事実であり、
 言い訳でも何でもありません”

と教えました。

そして、その上で、
目が見えない事を

正しく受け入れましょう、と。

 

この現状の自分、

自分が置かれた場所を直視できない人は多いです。

 

見えないという自分の体の特徴を受け入れ、
出来ない事があって良い、
難しい事は出来る人に頼って良い。

 

彼女は頭ではここを理解できましたが

納得や腑に落ちる事はなかなか出来ません。
「そう出来たら良いのに…」と言うのに、
心が受け入れることを拒否しているのです。

 

私は必ず
クライアント様が望む結果に必要な事を
お話しています。

行きたいゴールがあるのならば、

そこまでにやっておかねばならないこと、

通過しなければならないことがあるのです。

 

この必要なお話をすると

実はとても不思議なことが起きるのが

私のカウンセリングなのです。。。。

 

ここまでお話してから

一週間後、彼女にとある事件が起きます。

 

 

つづく

 

f:id:maa147:20210627143401j:plain


 

 

 

〜親を超える満月〜  6月25日3時59分山羊座の満月

6月25日午前3時59分に
山羊座の満月🌕♑️を迎えます。
ストーンの月光浴などは今夜が良いです❤️

 

願掛けなら満月点の

午前3時59分を過ぎてから。

 

昨年末から風の時代に入りましたが、
風の時代の良い点や
生かすポイントばかり
話を聞いてきていると思います。

 

ここでウィークポイントを

お話しておきますが
性質が風ですから、
【形にする】【結果を出す】には弱いのです。

 

そこでこの《山羊座♑️》などの
土のエレメントの

星座が活躍してくれる訳です。

 

イデアを💡形にしたい方は
明日の午前3時59分から
24時間以内に行動しましょう。

 

 

さて、それ以外には
今回の山羊座の満月🌕♑️は
セルフイメージと対人関係を
表すハウスでの満月です。

そして《躾》を
意味する山羊座♑️なので、

ご両親からの負の影響
或いは
勝手に受けたと思い込んでいる
負の影響を手放す満月、となります。

 

 

どんな恵まれた環境に生まれようとも
必ず親の負の影響は受けます。


なぜなら人には
長所と短所が必ず両立するからです。

 

悪意があろうとなかろうと
ご両親の躾から受けてしまった負の影響は、
人生の終焉までに手放すことが
この地球に人間として生まれた
意味の1つでもあります。

 

この手放し作業を
今回この満月でする場合
「罪を憎んで人を憎まず」の
精神でぜひ手放してください。

 

私も子供を育てていて思います。
良かれと思って言った事や、
やったことが、
大人になる上で弊害になるかも
しれないと思う瞬間があります。

 

 

別に自分を擁護するわけではありませんが、
しかしこれは止めようのないことです。

人は完璧でないから完璧なのです。

 

そこを今現時点でわかる場合は、
私自身も娘に謝罪をします。

 

人は育ての親から受ける

負の影響は必ずあります。

 

「罪を憎んで人を憎まず」の精神で
その負の影響を手放せた時、


親を超えた、

と言うことではないでしょうか?

素敵な満月をお過ごし下さい🌕

 

 

f:id:maa147:20210624210930j:image

ソレ自己否定では無く、良くなりたい追及ではありませんか?

ごきげんよう

 

夏至を通り過ぎ、

ここから冬至まで、

【陽極まりて陰となす】の時期です。

 

内面を見ていくような

見ていかざるを得ないような

事柄がたくさん起きてくることでしょう。

 

逃げない・向き合う

というと、厳しく、きつく感じますよね。

プレッシャーに感じてしまうと

良くないと最近の私は思います(笑)

 

ですからこれからは自己受容の時期、

というのはいかがでしょうか?

 

これまでの私は割と

ブルドーザーの様に

ガシガシと掘り下げた後、

古典絵画の修復士の如く

細部まで見てカウンセリングしてきていました。

 

それがスピードを上げることも知っていたので、

疑いもせずやってきていましたが、

ここへきて私にも分岐点がやってきています。

 

きっとこれまではこれで良かったのでしょう。

それを必要な方々が沢山来られてましたから。

 

 

最近の私は

自分の表現の

仕方にどうやら不満を抱いているのです。

 

何かを身近な人間と話すとき、

「もっと違う言い方できたんじゃないかしら?」

と とても非常に、

自分を追及しているのです。

 

責めているのとは少し違います。

追及。

 

一つ

殻を脱ごうとしているんだな、と感じます。

 

良く、自己肯定するのに

自分を否定するな、とありますが、

本当にそれだけだと人は成長しないと思います。

 

 

大切なのは、

否定しているのか

もっと良くなりたい追及

なのかを

見定めることではないかと思うのです。

 

もっと良くなりたいと思っているのなら、

殻を脱いで脱皮する自分を助けてあげる必要があります。

 

それは時間薬

 

見守るという最上級のテクニックです。

この間に自己受容をしていく。

これが大切なことではないかと思います。

 

自己受容とは

実は自己肯定よりも大切で、

順番的にはこちらが先です。

 

肯定するのに、

「自分は素晴らしい!」と

やり続けても

どうも疲れる場合は

自己受容が出来ていないから。

 

その前に

「自分はこういう所がある。

 気に入らない。

 でもこれも自分。切り離せない。

 自分に生まれついた以上、

 自分を生きていくしかない。

 これらが

 自分である事を受け入れよう」

 

という事を

時間をかけてやっていくと良いかと思います。

この時間をかけて、という所が大切です。

 

これは

諦めではありませんからね。

 

そしてここで注意すべきは

自己受容はあくまでも

自分のみのものであって、

これを他人に求めてはいけません。

 

所謂、

「分かって!」というやつです。

 

それは傍若無人というもの。

ただの我儘です。

 

自己受容を

他人に求める男女は本当に多いです。

自己受容は、自己のものです。

 

理解して貰うべき大事な部分は

人間関係の成立に欠かせませんが、

自己の理解だけで済むことも大きくあるのです。

 

他人に理解して貰う事よりも、

自分が自分を理解する事の方が

圧倒的に人生を豊かにします。

 

それが精神的自立というものです。

 

これからの時代、

精神的自立と

安心感を持つ努力

という事は必須になってきますね(*^^*)

この安心感を持つ努力についてはいずれまた。

f:id:maa147:20210623151810j:plain