今の時期の現実で起きていること〜春分前の大調整かGOサインか〜

ごきげんよう

1月20日には大寒を迎えますね。

そして旧正月が1月25日に控えています。

と、言う事は、1月25日は新月です。

(和暦は新月が1日です)

今回は水瓶座の♒️新月です。

 

今日は今の気運・時運を

味方につける方法を解説いたしますね。

詳しくはこの記事の最後です。

 

この頃・・・

どうも噛み合わない

感覚を覚えている方、いませんか?

ちょっと笑えないな…みたいな。

 

和暦では

大寒を迎えることや

旧正月が控えていることも関係しています。

そして節分も控えている状態です。

(新暦での節分になります)

節分とは節を分ける。

そう一つのことが終わる状態です。

 

一つの節が終わりを迎えるにあたり

準備の段階です。

 

東洋の占術で視ていくとこのような状態です。

(ザックリですが)

そしてこの地球上の

占術は東西南北いろいろありますが

大体が同じ時期で同じことを言い指しています。

 

この時期西洋占星術でも、

とても厳しい時期だと

ホロスコープで出ています。

1月11日の満月後、

立て続けに

天体がホロスコープ上で重なり始めます。

 

1月12日

水星ー冥王星コンジャンクション

水星ー土星コンジャンクション

 

1月13日

土星冥王星コンジャンクション

太陽ー冥王星コンジャンクション

 

1月14日

太陽ー土星コンジャンクション

 

この中でも

一番きついのは

土星冥王星コンジャンクションです。

ホロスコープ上で

土星冥王星が重なることを指します。

下のホロスコープの上部の

ある一部分に天体のマークが

密集している部屋があると思います。

f:id:maa147:20200119115413p:image

この部屋は山羊座の部屋なのですが、

この山羊座の部屋に天体が密集中なのです。

12星座の中でも

一番現実的で厳格で厳しいのが山羊座なのです。

その山羊座の部屋に土星が入っています。

土星山羊座の守護星。

この状態は土星にとって

ホームタウンにいるようなもの。

そう、一番力を発揮しやすいのです。

 

そしてこの土星という天体も西洋占星術では

とても現実的で厳しく、

実務をサポートするような重役のような星なのです。

 

その部屋で天体同士が幾重にも重なり合うという事は

それぞれのエネルギーのハレーションを起こします。

そのハレーションの中でも

ビックなエネルギーを放出して

影響が大きいのが土星冥王星なのです。

 

冥王星

死と再生、破壊と再生

物事の極限状態や死と再生に関係が強いことから、

最高か最低のいずれかの極端な結果を生みます。

 

そして現実を指し示す山羊座土星という事は

今の現状

現実に目に見えて起きている出来事が

今のあなたを表している状態です。

 

冥王星コンジャンクションしてますので

全体的に厳しめに現れるとは思います。

もっと言うと正直に表れると思います。

 

しかし、

こういう時に人生の一大事に近い

幸せを手にしている人や

努力が結実している人、

若しくは

長年の鬱積した出来事が

解消に向う前後である場合の方もいるはずです。

小さな日頃の幸せは…

ごめんなさい含まれません。

 

今の時期、

極端に悪い人もいれば、

極端に良い人もいるのです。

 

こういう顕著な時期に星々と気運を味方につけ、

極端に良い状態でいられるという事は、

正に日ごろの行いと心がけが良い証拠です。

何よりも

マインドセット

常に自分にとって正常化を心がけている強い状態です。

自分の在り方と自分軸がしっかりしている証拠。

このままお進みください。

 

悪い状態とは

まず一番わかりやすいのが体調です。

わかりやすい体調で知らせているという事は

緊急事項であり、

最重要事項という事ですから要注意です。

現在の自分の方向性の中で

どうやら自分の幸せにとって

とても間違った道を歩まれているようです。

そして

マインドセットが相当間違っているようです。

心持ちのことです。

何かの教えを乞うている人は

そもそもの人選が

合っているのか考えてくださいね。

 

次に体調には出ず、

何かの出来事で出た方、

例えば愛情面で躓いた方。

お金で躓いた方、

人間関係で出た方、、、、

それぞれあると思いますが、

方向性やその事柄に対しての

考えの持ち方が正しくないようです。

 

この時期は曖昧さはありません。

現実、目に見える状態での判断が

良いか、悪いか、だけです。

(ジャッジや自分を無駄に責めることとは違います)

 

「良い感じがする」

「良いことがあるような気がする」なんていうような

曖昧さはこの時期は全く意味のない勘違いです。

↑ 

むしろこの時期、

こんなことを頭で考えているようでは

この先がとても恐ろしい現実しか待っていません。

この時期の脳内お花畑状態は危険です。

 

そして冒頭にお伝えしたこう言った時期の乗り切り方。

まず一つは、お話したような和暦の時運と

西洋占星術などでもこのように出るという事を

【知る】という事。

 

知っているのと知っていないのでは

物事の出方が違います。

知っている場合は物事の出方が緩やかになります。

 

そのほうが良いですよね。

 

そして次に、

不都合や不幸が起きたのなら謙虚に受け止め、

考えを洗い出し、改めてみること。

自分で仕切れない場合はプロにお任せしてみること。

 

です。

 

何より、時運やその時の星の運行を知っておくのは

良からぬことを回避できますし、

良い時期には恩恵を享受、甘受できます。

 

今回はとても長い記事になりましたが、

お読みくださった方、

ありがとうございました。

そして大寒を迎え、旧正月、節分、

星の巡りについても、少し頭の片隅に置かれてください。

 

土星冥王星コンジャンクションのピークは

2月9日までくらいです。

 

真の豊かさへの道へ行く為の

春分前の大調整です。

 

これをお読みくださった皆様がより弥栄でありますように。