経営者・自営業者様の産みの苦しみの対応

ごきげんよう

続きものを書いてる途中ですが、

クライアント様の緊急対応が

なかなか良い質問だったので、

ブログにあげます。

 

クライアント様からの緊急のお電話対応。

 

《目標が高過ぎるのはダメですか?》
目標を立てて、
その目標が遠いなーと思うのは
目標の立て方が良くないのでしょうか?

 

と、モヤモヤとし、凹んでしまった模様。


いや、実はこの質問してますが、
クライアント様は

これを聴きたい訳じゃないのです。

 

人は自分が何に悩んでいるのか
実は瞬時には分からないものなのです。

 

さて。
人間は産みの苦しみ特有の
『積極的に待っている姿勢』の時、
分かっては居ても、

どうしても焦りが出るものです。

 

このクライアント様は、
次のフェーズへ行くのに、
自分から抽出される
次へ行く為の
必要なエッセンスを集めている最中です。


次の段階へ行くのに自己内を精査中。

 

これは実はとても大切な時間です。

 

こんな精神状態で
テクニックのみの
コンサルタントに捕まったら大変です(笑)
良いカモになっちゃう(笑)🦆
それか、自分独自の発想での
ビジネスをさせて貰えなくなります。


何故ならテクニックのみの
良くあるコンサルさんは
経験則のみで判断する

傾向が大きくあるからです。

(良いコンサルタントさんも沢山いますからね)

 

自己内で自分の答えを探したり
次のビジネスエッセンスを

積極的に待っている最中に、
経験則で切られてしまうと、
誰でも出来る誰かの

ビジネスを構築されてしまうのです。

 

どんな問題も
答えは必ず

自分が持っているのです。

 

焦りで迂闊な動きをしない様に、
また、

その答えがスムーズに出やすい様に
私はお側にいます。

 

この間、クライアント様ご自身より

私の方がクライアント様を信じています。

 

さてさて、

このクライアント様。

一番言いたくて、

聴きたいのは、

「今、目標立てて焦りを誤魔化したい! 

   けど、違和感ある!

   間違ってますか??? 

   このモヤモヤ、なんですか!?

   不安なんですけど!」

 

です。

 

クライアント様が一番言いたいことを

導き出すのも我々の仕事。

 

これが出れば答えは自分でも気がつきますね。

 

後は、私側が

今の心理状態の解説をして差し上げれば

安心してまた積極的に

自分の純粋なエッセンスが

抽出されるのを待てるのです。

 

必ず必ず答えは出ます。

 

クライアント様にとって最良の答えが。

それは誰かの真似ではなく、

誰かの経験則からでも無いのです。

 

独自で自分のビジネスをしていると

産みの苦しみ

は、常に付いて回ります。

 

都度、対応していける自分になるには

自己対話を恐れない事と、

不安に振り回されない【軸】を培う事です。

 

そのお手伝いはお任せください(^ ^)

 

 

f:id:maa147:20190908171601j:imagef:id:maa147:20190908171601j:imagef:id:maa147:20190908171601j:image