男性専科カウンセラー・コーチ東上真澄の愛と幸せの仕組み

幸せと愛の心の創り、仕組みについて書いてます

男女の連絡問題

ごきげんよう

愛すべき 殿方様

 

男性は本当に感情と向き合うのが苦手ですね。

 

でも人生も自分の世界も

感情というサインが創っているのですよ。

 

だからね、

いつまでも苦手なんて言ってられないんですけどね。

 

叶えたいことがあるなら猶更。

 

今日はね、クライアントご夫妻から

テレビ電話を頂いて

緊急でセッションをしたんですよ。

 

許可は頂いてますので、

その時の問題の一つを挙げます。

これ、本当によく頂く問題なので。

 

男女での感情のすり合わせ問題と

連絡問題です。

 

男性は感情の露呈とぶつかりに

非常に恐怖心があります。

故に勝手にシャッターを閉めるのです。

 

そこまで行くのに

色々なことが

お二人の間であったんだと思いますが、

一方的なシャットアウトは

絶対に絶対にいけません。

 

私もしてしまった事があるので

凄く分かります。

 

 

 

感情のマイナス面でのぶつかり合いが怖いから

対策をさも、

危機回避の様に勝手に作っても、

それはただの逃げでしかなく、

 

・そのルールを押し付けられた

     相手がどう思って居るか、

・そして自分の望みは

 感情のマイナス面のぶつかり合いを

 避けることだけが本当の望みなのかを

 知ることもせずに逃げている事を

 きちんと分かっていないと、

 

結局は望まない現実が

すぐ未来に待っているのです。

 

だってフォーカスはどこですかコレ。

望まない現実を回避することに

フォーカスしているように一見見えますが

違います。

 

恐怖から恐れからの回避策です。

という事はフォーカスは・・・

望まない最悪の現実に

フォーカスしているんですよ。

 

感情面がぶつかって

悲しい思いをしたくないから

避けているだけで、

最低限のことを

仕方なく選択してるだけなんですよね。

 

「所詮こんなもん」ですか。

貴方の望みは。

 

本当の望みは何ですか?

 

相手に自分の逃げや恐怖を押し付けて

不満一杯にしてしまう事?

ぶつからない為に

必要最低限の友達以下の連絡を取ること?

 

女性はそれではその男性に対して

テンションが下がる一方です。

 

好きだし愛している気持ちもありますが、

女性はコミュニケーション取って

生きている生き物ですから、

もうどんな風にその男性を愛したらいいか

さっぱり分からなくなるんです!

 

コミュニケーションを

恋愛やパートナーシップから

取り上げられたら、

女性はなす術がなく、

愛を表現することも奪われ、

男性の元を去ることしか選択は残されません。

 

だってマイナス感情は苦手だし…って?

 

そのマイナスになることって、

女性の側だけの責任なんでしょうか?

 

男性には責任ないんでしょうか?

 

 

そして話をもとに戻しますが、

貴方がた男性の本当の望みは何ですか?

 

パートナーや恋人が

自分に不満も持たずに

悲しい思いもせずに

十分に自分に向かって

惜しみない愛情表現を

してくれる事ではないのですか?

 

でもマイナス感情を恐れて、

連絡頻度減らすような避け方をされたら?

 

欲しいものは手に入らないどころか、

女性の愛は腐ります。

 

貴方の元にはもう届けられなくなります。

 

男性の会話やご相談からよく聞くのです、

「連絡くれってうるさくて」

 

そしてその逆に女性のクライアント様からは

「パートナーが連絡をくれない」

と。

 

男女の愛の保存方法は違います。

維持方法も。

 

いざという時には

彼女と自分だから大丈夫だ、と

相手のことを信頼もせずに

自分の気持ちだけで

勝手なルールを作ったり、

断りもなく連絡を絶ったり、

するのは、、、、

それこそパートナーシップの

ルール違反ではないでしょうか?

 

感情と向き合うのが怖いという

男性最大の恐怖はよくよく理解しています。

 

しかし、それでいいのでしょうか?

 

会った時だけ、良くしてりゃいい?

 

 

何度も言いますがそれでは

女性はどう愛したらよいか

道を失います。

 

そして会うことも避けるようになります。

 

連絡もまともに取り合ってないのに

私を好きで居てくれるはずない・・

と。

 

連絡問題は

どのパートナーシップにも出てくる問題です。

 

それが女性側の所為だけだと

片付けるのは男性だけです。

女性は学習しますし、

自分の何が良くなかったのか理解します。

 

本当の敵は、

感情と向き合う

恐怖を持っている自分です。

 

パートナーの女性ではありません。

 

 

貴方の本当の望みは何ですか?

 

f:id:maa147:20180430190256j:plain