男性専科カウンセラー・コーチ        東上真澄の 男の愛と幸せ

男性の幸せと愛生活、人生について書いています

感じちゃいけない感情?

御機嫌よう

 

昨夜のクライアント様からの

SOS


「こんな感情を

   感じてもいいですか?」

貴女の世界で
生まれた感情に

善悪なんかありません。


感じてはいけない

感情なんて
ありません。

 

昨今、声高に意識の世界や
精神世界では訴えられています。

 

でもね、
頭を使って思考に頼って、
いえ、
思考を頼りにするしか
方法を知らなかった方々は、

 

それしか教えて貰えなく、
実直に遂行し

続けて来た方々は、
白か黒か、

善か悪か、

上か下か…の

物差ししか

持ったことが無いので、

いくら声高に叫ばれても、
やはり「頭」でしか
なかなか理解できません。

 

 

やればいいじゃん。

 

しか言えない方は、
こういう方に意見する
資格はありません。
本人のカルマを増やすだけ。

そういう方は

黙って勝手に一人で進みなさい。


寄り添う気もないのに、
意見したくなるのは、

自己の中に

まだまだ

見つめていない

「何か」から

逃げているだけだから。

 

また、
なかなか動きたくても
足踏みしてしまう人は、
言い放つだけの無責任な
成功者と呼ばれる人の
言うことは無視しなさい。
いいから。

 

子供に勉強を教えながら、
怒ってる親と同じですからね。
結局、子供には何も教えられない。


たしかに、
「やればいいじゃん」

なんですが、
そこに辿り着けるまでの
マインドが有る方と

無い方がいるのです。


このマインドを

作り上げていくのは
ある種、

育て直しに

近い作業になります。

 

許されて来た経験を
少なからず積む必要があるのです。

 

極端しか知らない方々は
どうしても「ダメな自分」を
一気になんとかしたくて、
「ダメな自分」に

叱咤激励してくれる方の

ところに行きます。

 

厳しくされて来たので、
その方が心地が良いと

錯覚するのです。

 

でも結局…
わかったフリ、出来たフリ、、、

やったつもり、

変わったつもり。

何にも変わらない。

 

これは自己啓発本も同じです。

 

先ずは
「ダメな自分」

と思っている事実を
本当にそうなの?
何故?と、

優しく解してから
ダメじゃないんだ、
と気づいていく作業が大切です。


みんな必死で生きてます。
そんな貴方が、貴女が、
ダメなわけないじゃないですか!


貴女の、貴方の、
自然に湧いた感情は

誰にも裁けません。

あなたのものです。

 

どんな黒いように見える感情も
あなたの一部。
大切に感じてあげて下さい。

どうぞ

切り捨てないで。

 

感じきったら、
それをどうしていきたいか
どう扱っていきたいかを、
一緒に考えていきましょう。

 

そこからまた人生を
創っていけますからね。

 

f:id:maa147:20171115142607j:image

 

風俗と男性の傷

ご機嫌よう

愛すべき殿方様 たち・・・

 

私、最近感じるんです。

私自身エネルギーに非常に

敏感な生まれですから

お会いしている方のエネルギーの変化には気が付きます。

 

例え、気が付かないように

スイッチをオフにしていても、

皆さんが第一印象というやり方で使用している

エネルギー感知能力はオフにしようとしても

出来ませんよね?

あれと同じです。

 

土足で人様のエネルギーを視てしまったりは

決してしません。

因果の法則により、そういう身勝手な行為は

やはり自分に返ってきますから。

 

 

 

と、前置きが長くなりましたが、

最近、感じるのです。

男女の貞操観念は

実はエネルギー的に言うと逆なのでは?

と。

 

私の周囲には風俗を利用する男性が

これまではおりませんでした。

がクライアント様に

最近チラホラ・・・出て参りました。

(時々ね「私の事ですか?」って

クライアントでもない方からご連絡頂くんですが

あんたなんか知らんですww)

 

私が自分の周囲にそういう男性がいなかったのは、

そういう方を選ばなかったのもあります。

エネルギーを視ればわかりますから。

ってか、話してりゃ分かります。

 

で、何故選ばないかというと

風俗に行くという貞操観念の男性は

相手を幸せには出来ない

エネルギーで充満しているからです。

 

もっと言うと、

ご本人がとても不幸で

心が貧しいからです

(1~2回興味本位で行きました程度は

 カウントされません)

 

心の貧しさですから経済力が 

無いわけではありません。

 

寧ろ、経済力のある方も結構な割合でいたりします。

 

男性が女性を金銭授受で

どうにかしようとする時に働くエネルギーは

確実に奪うエネルギーでしかありません。

 

そう、女性から性交渉やそれに近い行為で

エネルギーを奪っているのです。

 

補填でも、補充でもなく、奪っている。

ココに気が付けないんですね。

 

ココでは風俗の在り方や

それを利用する男性を

責めているのではありません。

 

それを踏まえて読んでくださいね。

 

対価を支払うからいいのか、

というと対価を支払ったからと言って、

エネルギーを奪った行為に対する

穴埋めはできません。

(もう少し詳しくいうと

桁が違うのです。桁が。

エネルギー清算をしたいなら

支払いの桁が違うのです。)

 

ですから、

他者のエネルギーを奪いに行くということは、

立派なクレクレ星人なんです。

 

クレクレ星人は相手からの愛情も

エネルギーもくれくれ、

足りない足りないというお化け。

自身で満たせないのです。

 

エネルギーの法則でいうと、

奪ったエネルギーは、

必ず違う形で奪われるんです。

それも倍返し以上に。

それが人生どのパターンで現れるかは、

個人個人違います。

 

と、エネルギーの面で視ると、

このような見解になります。

 

実ははるか昔に集落に一人は

「巫女」として呼ばれた中に、

若い男性に性行為を教える女性がいました。

(通常業務の巫女さんもいましたよ)

 

その巫女は男性の中に溜まった悪を

性行為で聖なるデトックスをさせたとも言います。

が、これは簡単になれる職業では無かったようです。

 

そしてその巫女は集落の男性女性から

とても崇め尊敬されていたのです。

清めの儀式に性行為を使えるほどに

スピリチュアルに長けていたから。

また、清らかで神に近い存在だから。

 

何よりもその体と能力を差し出す

心があったから。

差し出されて初めて効果が出るのです。

 

奪ってはいけません。

 

それが今はすっかり歪んでしまい、

崇め尊敬が失われた代わりに

対価が介在するようになったのです。

 

対価が介在することで、

「本当の感謝」はされなくなりました。

 

排泄と同等に考えているバカもいますからね。

 

そもそもの意味合いがなくなったので、

今の風俗の在り方と、

その巫女の在り方はまるで違います。

また、女性にもそのような力はありません。

 

女性側を考えても、

どのような理由でそのような職に就いているのか、です。

 

性交渉で、その女性の働く動機になるエネルギーが

跳ね返ってきていることに気が付くべきでしょう。

 

現代の状態では決してありがたくない

エネルギーなはずです。

 

 

では現代そういう気質の

女性はどうしているのか?

そういう方は

実はもう風俗という職には就きません。

受け取れる

ご神託を上手に活用して生きています。

 

そう、時代はもう違うのです。

はるか昔に

活用された特殊な「巫女」の活用は

もう時代的に思いっきり古いんです。

 

いつまでも生活の為に狩りをしませんよね?

未だに移動手段は馬ですか?

厠はまだ水洗じゃない?

電気もない生活してますか?

 

古い、古すぎる。。。。

 

まあね、提供をやめるのが先か、

需要側が買うのをやめるのかは、

卵が先か鶏が先かになってきてしまうので、

私は興味ありませんが。

興味ないので提供する奴がいるから

買ってしまうんだなどと、

低能過ぎることは私に仰らないでくださいね。

加えて、提供する女が悪いってやつもね。

じゃ、買うなよバーカで終わりだから。

 

 

男性は繊細故に

「愛」の籠った性交渉から

逃げてしまう傾向があります。

 

どうしたらいいのか分からない、も

立派な逃げですよ。

 

故に、簡単に欲望を叶えることをするのです。

 

でもこの循環はまさにまさに

悪循環。

 

ヤレばやるほど、

心の空虚に苛まれるのです。

どんどん空っぽになっていく。

逃げようない絶望を抱えた孤独が追ってきます。

すげー速さでww

 

逃げられないんです。

 

だからそれを埋めようと

可視化できる物事に拘る。

 

 

繊細

故に本当の愛の性交渉に向き合えないのに

その繊細さは自分の間違った選択により、

より、傷付いていく。。。。

 

どんどん深みに嵌まるんですね。

自分をついには汚いモノだと

思い始めたりする方もいますから、

本当に要注意です。

 

 

本来はとても愛されたい、

愛されて愛して性行為したい、

という気持ちを持ってらっしゃいます。

 

諦めが早いんだよね。

こんな自分に

本当の愛なんて注いでくれないだろうとか。

 

 

オンナから愛されることを知ってください。

 

そのためには、

自分が何を畏れているのか知らなければ。

 

是非、きちんとオンナに抱かれてください。

抱くんじゃありません。

男性は女性に抱かれているんですよ?

いれてるんじゃない、包まれているんです。

 

そこから、

男性の本当の自信って湧いてくるんですよ。

 

外側をいくら埋めてもダメ。

本人が一番分かっているはずです。

 

 

と、言うわけで、

男性こそ、

貞操観念は慎重に扱われたほうが良いかと。

繊細 故にね。

 

もう一度言いますが

風俗利用者を責めている訳でも、

提供側の方々を責めている訳でもありません。

人が人を裁くことはできませんからね。

 

そうするしか、

知らなかったんだよね……

もっというとパートナーを

傷付けないためにこっそり利用している人もいます。

 

常用している方はね、

いきなりはやめられないし、

やめろとも言わない。

決めるのは貴方。

 

ただね、利用したらね

そのご縁に少し感謝をしてみて。

何かが変わるからね。

 

 

私が言いたいのは

本当に、それで幸せ?

本当は程遠い道のりに思えても、

愛のある愛を感じられる、

愛されていると無性にも無償にも感じられる

カラダの重ね方を知りたいんじゃない?

手に入らないものと、

自分を諦めさせないでね。

 

諦めるって事は、本当は欲しいんだよね?

頭で欲しているものは手に入るのがこの世の

摂理だよ?

 

大切な自分に、一番大事な愛を

諦めさせないであげてね。

って伝えたいのです。

 

 

クライアント様のおひとりは言いました。

 

「お金の心配のない一人の私より、

 毎月火の車の友人家族の方が

 皆で必死で協力していて

 幸せに見える、羨ましい・・・。」

と。

その方の孤独を私は知っているので、

本心だと確信しています。

 

人間は「愛」を欲して必要な生き物です。

自分から

湧いてくるようになっていると気が付くのに

そしてそこに在った、と本当に腑に落ちるまでに

時間がかかってしまうのです。

 

どうぞ、「愛」と

性交渉を切り離してお考えにならないで。

 

傷付くのは男性自身なのです。

 

 

「いいね」非常にしづらい

記事かと存じます。

こっそり読んでくださって、

ありがとうございます。

 

女性と男性の貞操観念が実は逆なんじゃないか?

の女性側については

文面だと非常に誤解を生みやすいんですよね。

だから時代が追い付いてきたら書きます。

それまでは誤解しないであろう

先進的な方にのみ、口頭でお話します。

 

f:id:maa147:20171031162858j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

本当のモテ男の気遣い

ご機嫌よう

愛すべき殿方様

 

 

10月19日、

12月中旬の気温だそうです。

誰に文句言ったらいいんでしょうか?

しかも雨。

風も強め。

 

今日はね、

カウンセリング・コーチン

セッションがあります。

いつもはエネルギーの良い

坂を登ったホテルラウンジで

セッションです。

 

あとはね、

そのクライアント様の

エネルギーに合わせて

ラウンジを変更します。

 

が、

今日のクライアント様は女性。

おそらく、考える事は

同じ。。。

 

駅から近いとはいえ、

あの坂を登って

あのホテルのラウンジには

行きたくない…

 

で、急遽連絡しました。

駅直結のホテルにしませんか?

と。

 

今までエネルギーを

確認に行きたかった

ホテルラウンジですし、

こんな天候だと女性には嬉しい❣️

 

提案はやはりの快諾❤️

 

 

この様にね、殿方様。

 

女性は兎角、

悪天候に弱い生き物です。

好き嫌いじゃなく。

 

 

だから、

デートが悪天候だった場合、

変更可能なら、

是非進んで意向を

尋ねてあげて下さい。

 

アクセスしやすい場所に。

 

「悪天候だから、

   行きやすい◯◯にするかい?」

 

ってね。 

 

男性は目的意識で行動しますから、

予めデート場所を決めたら、

多少の悪天候は物ともせず

行かれますが、

女性はね、

やっぱりオシャレして来ます。

そこを汲んで差し上げて欲しいの。

 

体力も違いますし。

やはりね、

生命を生み出す体を持ちますから、

寒さから体を身を守ろうと、

体力を奪われやすいんです。

例え閉経していても、

気構えは同じです。

 

 

男性からそんな気遣いを頂けたら、

女性は感謝します✨✨

 

大切にして頂いていると

優しい気持ちになります。

 

そして、度重なるごとに、

余裕あるその気遣いに

貴方を尊敬する様になりますよ。

 

できる男への近道です。

 

実はこういう気遣いが出来るのは、

お仕事が出来る方が多いです。

 

私の周りには多いです。

有難いことに。

 

今朝も大好きな

尊敬すべき殿方様が、

会う場所について細かく

ご指示下さいました。

丁寧に✨✨✨

嗚呼やっぱりお仕事出来る方、

人望の篤い方だわ…と

改めて尊敬致しました。

同性からもモテます。

いや、両刀って意味じゃなく。

 

 

 

逆から言えば、

下心抜きに女性に

こういう気遣いが出来ると

仕事にも良い影響が出ます。

 

チャラ男や

プレイボーイは

自分勝手ですから、

この手の気遣いは出来ません。

逆に

中止を言ってくる可能性があります。

女性を都合の良い女扱いするからです。

こういう男性は

正念場には弱いですから、

いざという時

心が簡単に折れます。

 

男性は気遣いひとつで

モテますからね❤️

 

f:id:maa147:20171019092343j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信じる世界にいってみよう

愛すべき殿方様

ご機嫌よう

 

もうね、

スピリチュアル

って死語だと感じる今日この頃。

 

そのくらいもう身近になりましたね。

 

魂の事や、

意識の事、

神様や宇宙の法則などなど。

 

でもね、どれが正解??

 

って困惑している殿方様

多いのではないかしら?

 

 

まず結論から申し上げますと、

正解はありません。

、、、そうすると殿方様は

怪しいな、やっぱりって思うのよね(笑)

 

正解ありきで、目的ありきで

行動するのが男性の本質ですからね。

 

 

では、こういわれたどうでしょう?

 

正解は実は

貴方の中に眠っています。

今研究段階で証明されている

スピリチュアルの全貌を

見聞きして

情報として差別なく

取り入れた時、

自分の中の世界で

【合う・合わない】が見えてきます。

 

例えば

宇宙理論よりも、

神社の話の方がとっかかりが

見つかりやすかった、とかね。

 

何かしらご自身の中に

信じているものってありますでしょ?

 

ゲン担ぎも同じです。

ただしゲン担ぎは≪意識の法則≫を

うまく使った方法なんです。

 

意識の法則でいえば、

神経外科医の

知り合いがこんな事を言ってました。

「患者が不安になると

 手術の成功の確率は下がる」

ですから、

最大限信頼して

成功に意識をして貰えるように

時として尊大に

振舞ってしまう事もあるんだ・・・と。

私はこのお話に

お医者様の愛を感じました。

本当に患者と一緒に

戦っているんだなって。

 

 

話は逸れましたが、 

このように意識の法則にしろ、

宇宙理論にしろ、

自分に合ったものを信じてみる。

 

すると実はどの方法でも

どの情報でも、

最終的には同じことを言いたかったんだ、

という結論が待っています。

 

とっかかりやすい方法からやってみただけ。

 

例としては・・・

だから地球上には

色んな神様がいらっしゃるんです。

 

 

あなたはどんな方法、情報が

しっくりきますか?

 

人間そのものも実はスピリチュアルな存在。

 

芸術なんかインスピレーションですから。

スピリチュアル以外の何物でもありません。

 

芸術の秋。

要はスピリチュアルの

秋と言っている様なもの。

 

ね?結構身近でしょ?

 

だってあの葛飾北斎だって、

あの波を描くのに実際、

スピリチュアルの力を使ってます。

波頭の鷹の爪の様な形は、

シャッターでいうと

1/5000でないと

見えないそうです。

 

人間の限界は1/50~1/20ですから

人間技ではないのです。

 

常人では見ることの出来ない

見え方をしているからこそ描けた代物。

点を重ねたように細かく書くのも、

(特に娘の応為)

実はスピリチュアルな見方が長けてくると

一つの物が粒子が震えている様に見えるのです。

それが連なって物になっている。

私も集中するとそう見えるので、

同じタイプに視えていたんだろと察します。

 

芸術は、スピリチュアルなのです。

 

音楽の父バッハも

「天使が音を教えてくれる」と

言っています。

 

 

それに、、、

巡り合わせや、運命を信じているのって

男性の方が多いですよ^^

ほら男性はロマンチストですから。

f:id:maa147:20171017113143j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カウンセラー・コーチが放置をする理由

愛すべき殿方様

ご機嫌よう

 

いつもカウンセリング・コーチングが

成功する訳ではありません。

 

冒頭からびっくりしました?

 

成功しない例は?

それはたくさんあるんですが・・・

勿論、施術側の力量もあります。

ですがそれよりも

一番残念に感じてしまうのは・・・

 

クライアント様自身が

カウンセラー・コーチに

幸せにしてもらえると

いつまでも

勘違いしている状態

 

 

これほど、残念で、

手の施しようのない状態ってないんです。

 

手厳しい言い方ですが。

 

況してや本人無自覚。

 

「幸せになりたい」

という。

で、貴方の幸せは?

と聞くと、答えられない。

ここまでは普通です。

そんなもんです。

 

 

ここからが問題。

幸せになりたいのに

幸せが分からない

という事実を

問題視できないという

致命的な大問題を

問題視しない・できない

 

自らの幸せについて考えようとしない。

 

自分の幸せを

真摯に考察しない人間に

幸せを感じることはできません

 

 

最初はこちらもコーチングの働きかけと

カウンセリングと双方を応用しますが、

あまりにこの状態に

本人の気づきが無いとどうするか。

 

放置 です。

 

セッション日ですら自発的に

日程を提案する、

という行動すら取りませんから、

そこからやらせるしかないのです。

 

自分に人生を自分で生きるという

育て直しをするしかないのです。

 

目的意識のあるクライアント様は

自分で、

セッション日を積極的に設定してきます。

「何日があいてますか?」

と。

それすらできないんです。

 

カウンセラー・コーチが

幸せにしてくれると思い込んでいる人は

セッション日すらこちらが聞かないと設定できません。

 

加えて人の時間を奪うことを平気でします。

カウンセリング時間2時間って言ってるのに

平気で3時間話し続ける。

何様なんでしょうか?

 

だからね、

人様から大事にされないんです。

愛されないんです。

 

感謝もうっすーーーーーいので、

こちらも人間ですから、

嫌になってきます。

人には、

特に女性には好かれませんそういう人は。

況してや、見栄っ張り。

 

こういう状態ですと、

実年齢がおいくつでも

育て直しです。

 

これには時間がかかります。

実年齢が行っていれば行っているほど。

 

こういう残念な状態にならないためにも、

自分の人生に皆様、

真摯に生きてくださいませ。

 

 

f:id:maa147:20170914164028j:plain

 

恋心の扱い方 保身編

愛すべき 殿方様〜〜♬

御機嫌ようっ

(ただ、ただ、

 気分が良いっ💕

 これも女の特性ですから)

 

 

さて、、

皆様、今、わたくし

レストランにおります。

 

でね、

背面のお席の殿方お二人が

恋愛の作戦を立てておりますの。

 

わたくし、

ニンマリ、ニンマリ

ほくそ笑みながら(笑)

聞いております。

 

なにしろ…

草食男子なる陽炎の様な

輩が存在して久しい中…

 

好きなんだから

一生懸命‼️

 

な、男性がいるなんて

こんなに嬉しい事はありません。

 

が、、、

惜しいっっっ

惜しすぎるっっっ‼️

 

作戦はある程度必要ですが、

それは、

相手に伝わりやすいか、

や、

素直さがきちんと出る言い方

などを、練るならOK

 

保身の為の

作戦なら

やめちまえっっっっ

 

せっかく好きって気持ちを

アピールするなら、

キチンと逃げ道を作らずに

相手の事を考えて

伝えるのがベストです。

 

保身はズバリ‼️

バレます‼️‼️(笑)

 

女性の恋愛能力を

甘くみちゃいけません(笑)

 

アプローチの

真っ直ぐさ次第では、

最初が「ナシ」な男性でも、

脈ありに変えていけるんです‼️

 

男性は女性に恋に落ちるのに

最初の

好きになれるかの、

第一印象が一番大事になりますが、

女性はそうではありません。

 

アプローチの真っ直ぐさ、

ピュアさ、

自分軸を捨て、

その女性に

合わせたやり方

できる男性が最後には

選ばれるのです‼️

 

自分のやり方、

自分の心地良いやり方

のみで、

手に入る女性は

男性はすぐに飽きます。

 

女性へのアプローチで

自分軸以外を

知るという、

自分の枠を広げる

作業が大事なのです。

 

 

何かと同じでしょ。。。
そう、
ビジネス‼️

 

ビジネスも

自分にベクトルが

向いている

(自分の事しか考えてない)

と、結局は大コケしますよね?

 

同じです。

 

 

一番大事にして頂きたいのは、

アプローチが

成功するかしないかの

結果で自身を

ジャッジするのではなくて

お相手を好きな気持ちを

大切に扱うのです。

 

さっきの保身は

自分が傷つかない方に

力を

注いでしまうので、

本来のピュアな

「好き」が蔑ろに、疎かに

なってしまうのです。

そんな「好き」が

成就するはずありませんよね?

 

そもそも、相手には

伝わりません。

気がついても

そんな純度の低い

アプローチ要りませんね。

気分が悪いです。

 

好きな相手に、

そんな思いをさせて

平気なほど、

貴方様は

ゲス野郎じゃないでしょ?

 

自分の恋心を

大切に扱うのです。

自分がこの恋で

傷つかないように自己中に

なるのではありませんよ❤️

 

 

f:id:maa147:20171011202948j:image

 

 

 

 

 

 

 

直感、って言われても・・・ 怖くて従えませんよね?

愛すべき殿方様

ご機嫌よう。

 

さて、今日は・・・

殿方様が最も苦手な

目には見えないけれど、

心や感情、直感が現実に

最高のパフォーマンスを齎すという

アノ世界のお話です。

 

 

直観のままに

直感のままに、、、

と言われて久しい昨今。

 

いまだ、なんやねんって方、

いらっしゃるんですよね。

 

ってそっち側の方のが

まだまだ多いか。

 

本当に楽にうまくできているなぁという

生き方ができるんですよ。

 

先日の小さな分かりやすい例えを一つ。

 

先日ね、うちの10歳の娘が

小学校の学校放送で発表があったんですって。

 

娘は、前夜からもうドキドキしてしまって、

「明日何着て

   行こうかなぁハート

まあおしゃれに

敏感な時期に突入で母は

面倒臭いですわ。

(私の所為ですが)

 

いやいや

私はすかさず突っ込みです。

 

「放送でしょ?

 服装関係

   ないんじゃないの?」

 

すると娘は・・・

「いいの!

 そういう時こそ、

 好きなお洋服来て

 気持ちを上げておくのが

 いいんだよって

 ママが教えて

   くれたんでしょ?

 絶対好きなお洋服で

 行った方が

   いい気がするのキラキラキラキラ

 

ええ、ええ、言いました!!えー

言いましたとも!!

ええーい面倒臭い。

好きせえええええ、と許可を出し、

あんまり学校に着せて行かない

よそ行きのお洋服を着て行きました。

 

帰ってきた娘に話を聞いて

もうびっくり!!

こんなことってあるの?って話です。

 

学校放送の

機材が

娘の発表直前

壊れて、

娘だけ急遽、

全校生徒召集で

校庭の朝礼台で

発表。

 

娘・・・

 

「お気に入りのお洋服で

 行って

   良かったぁぁぁぁ!!」

 

仰る通り!!

 

自分の感覚を

信じて行った結果の出来事でした。

 

 

ここでね、

洋服なんてどうでもいいですとか、

人前に出るからそんな見栄っ張りな、、、

と思った方がいましたら、

ここで言いたいことの文章の読解ができてません。

 

何が言いたいか。

ま、そう方は置いてく性格なんで、

置いていきます。

きっと他にわかりやすく書いてくださる方がいるでしょう。

そっち行ってくれ。

 

本人の

気持ちが

上がってアップアップアップ

事が本人の

思う通りに

気持ちよく進むなら

なんだっていいんです。

 

今回、

娘にとって大好きな

お洋服だったわけです。

 

いやー帰ってきて

この話を聞いて

ぶっ飛びましたね。

大体、私の言うことは

納得して

「そっかーそうかもー」

と、言うことを

聞いてしまう娘が、

今回、

自分の緊張を解せるのは、

お気に入りのお洋服なんだ!

と、自分の感覚を信じて押し通したのです。

 

結果、学校の放送機材が

娘の前の子まで

平気だったのに、

娘の発表になった途端、故障。

 

急遽、

校庭で行うことになったのですから。

 

はい、小さな一例でした。

 

 

と、言う具合に、

直感、直観、自分の感覚を

目で見える事象で確証がなくても、

信じて従ってみると、

自分にとって気持ちの良いことが起こるということです。

 

これが男性にとって一番の恐怖なんでしょうが。

数値や目で確認出来ないことはやはり

怖いんですよね。

ですからね、男性でこれがいち早く

できてしまっている人っていうのは、

自分の中の女性性を発達させ、

使いこなすのが上手なんです。

所謂、

成功者たちって男性でも

この感覚すごく使います。

(成功者って言葉ねー

 あんまり好きじゃないけど、

 分かりやすいでしょう?)

 

この生き方はこれからの時代に

確実に必要になってきます。

これまでの三次元、

物質絶対主義世界から

今、さようならを告げ始めているんです。

 

でね、私が今まで男性成功者さんたちと

出会って一番感じるのは、

ココから。

 

この直感、自分の感覚を研ぎ澄まして

使いこなすのに女性性が必要なんですが、

使いこなすには女性性の自覚と発達が必要。

そして、それを成しえたら、、、、

その自覚と発達をそのままに、

自己の男性性をさらに強化させているんです。

 

ちょっと意味不明ですね!(笑)

 

要するにね、

前にもどこかの記事で触れましたが、

精神世界が現実を動かすという事実を

理解していく恐怖を乗り越えるには

女性性が必要なんですが、

女性性だけを強化しているだけだと、

ふわふわした、

スピかぶれのきっもいおじさんに

なっちゃうってこと!!(笑)

 

もう一度男になるために、

男性性強化も次に必要になってくるんです。

、、、眉にしわが寄っている

読者様の顔が浮かぶ・・ww

 

難しい話ですよね・・・

雲をつかむような、ね。

 

まぁ今回の記事はそこが

論点じゃないので、

戻ります。

 

 

これは私たち親子の中では、

こういう事は日常茶飯事なんですが、

やっぱり、

自分の感覚に従った結果の素晴らしさに音譜

小躍りするのです(笑)

 

そうすることで潜在意識にしっかりと

刻まれるんです。

 

自信となって次からも

直感となって、働いてくれるのです。

働きかけてくれるのです。

 

 

何もコントロールしてませんよね?

 

でも、最高の結果を生み出す。

 

これを今、みんな、

宇宙の采配、宇宙と繋がっている、というのです。

 

私はこれを、日常のいろんなことに使います。

 

恋愛、お仕事、成長、人生、、、、、

 

するとね、、、

予想よりも思いがけずに

もっともっと大きなHAPPYが

サプライズでやってくるのです。

 

この夏から特に顕著になりました!!

 

エネルギーの入れ替えと変動が

本当に激しかったですものね、この夏。

 

この秋から、もっともっと顕著になりますよ。

 

だから、この分かりやすい娘の例で、

少しでもやり方が理解できて、

ご自身の感覚を自在に使いこなして、

もっと自由にもっと効率よく、気分よく、

生きて頂く事の

お役に立てたら、嬉しいです^^

 

 

↓ こういうのも信じているでしょ?

  (この写真結構

           エネルギー入ってますよ?

   感じるかな?

           なんとなくでいいんです^^)

 

f:id:maa147:20170804115011j:plain