男性専科カウンセラー・コーチ        東上真澄の 男の愛と幸せ

男性の幸せと愛生活、人生について書いています

取っ散らかった感情たち

ごきげんよう

 

昨夜さて寝ましょうって時に

クソ酔っ払った友人から電話が入り・・・・

終電逃した、と(笑)

ああ、忘年会シーズンだわーと。

ご本人様は酔っ払っていないと言ってましたが、

ロレツはおかしいし(笑)、

熱く語っている割には

何が言いたいのかわかんねーしで(笑)

 

ま、酔っぱらいは

「酔ってねー!」

って言いますから(爆)

彼の事だ「いや・・・」

って否定から入るでしょうが、

こちらはそう感じてるんだから

そうなんだよって!ってことです(笑)

 

ただね、感心したのは、、、

この友人実はいつも私から見たら、

オスマシさんなんですね。

お行儀が良すぎて良く分かんないというか。

 

だからね

人間らしい部分に

触れられたなぁと感じたのです。

 

いいねボタン押したくなる位(笑)

 

前置きが長くなりました(笑)

 

人間らしいといえばね・・・・・

さて、

今ね星回りが結構キツいんですよ。

まずは水星の逆行

次いで冬至のエネルギー変容もある訳です。

12/18は射手座の新月

12/23には30年ぶりに

土星がホームタウンである山羊座に還ってきます。

30年ぶりです。

影響が小さい訳ないんです。

 

こういった状態ですから

人々の心の状態が不安定に

必要以上に

今迄感じなかったものや、

事柄を感知してしまいやすい時期です。

 

 

こんな時にはね、

日ごろよりもセンシティブになっていますから、

自分が何を感じているのか

はっきり分からなくても気分のソワソワ感で

感じると思うのです。

 

男性は常に冷静でいるのが良しとされてきている部分ありますから、難しいかもしれないのですが・・・・

 

この時期は自分の感情を吐き出すいい機会だと思って下さい。

 

何か一見悪いことが起きて、

恰好つけて内省してみたり、

「人のせいにしてはいけない」なんて

する前に実はやることがあるんです。

(いや基本姿勢はそうなんですが)

 

私たち人間は

喜怒哀楽をきちんと平等に扱い

感じるために生きています。

 

ですから、

一見嫌なことが起きた場合、

思いっきり悔しがって、

悲しんで、落ち込んで、

怒って、罵倒して結構です。

 

平静を装って自分を隠していけません。

恰好つけるのそこじゃない!!!

 

しかし、

誰かにやってはいけません。

ぶつけちゃだめです。

(出来れば物にも当たらないでね

八百万の神付喪神が悲しがるからね

動物は天使の化身ですから

当たれば大きな罰が待っています。)

 

それらを考慮したうえで

きちんと感じ切るんです。

「くっそー!!」

「ちきしょーー」

「つらいよー」って。

 

感じたくないのは分かります。

でも逃げない。

どこかの神社に行っても答えは出ません。

誰かにぶつけても悪循環です。

 

 

大切なのはね、

喜びや

楽しい気持ちだけを

特別扱いしないで

ほしいのです。

 

哀しみも怒りも、

必要だからある感情です。

平等に扱ってあげてほしいの。

 

だって大切な貴方の中から湧いてきた

同じ感情です。

 

だからこそ大事に

平等にするよって

意識を持ってほしいのです。

 

平等にするよって

意識してあげるだけで大分

貴方の魂はホッとするのです。

 

今はね、

魂とご本人が離れてしまっている時代。

 

これを一致させていこうねっていう動きがそこかしこで起きている訳です。

 

そのためにも感情というものに

負もネガティブも

無いと知ってほしい。

 

そして何故この不測の一見悪く見える

事態が起きたのかは、

自分がきっちりと感じ切ってから

やればいい。

 

逆にそうでないと

恰好つけて反省しようと是正しようと

半分も効果はありません。

どころか・・・

同じ感情をきちんと感じてほしいから、

また同じような事態を招くのです!!

しかも神様親切ですから(笑)

より大きな事態にして

分かりやすく感じやすくしてくれるのです。

だから小さい事態のうちにさっさと

感じ切る訓練をしておく必要があるの。

 

 

「ああ、今辛いねー」

「こういう時悲しいんだね」

「悔しい 今とても悔しいんだ」

 

これ、自分で自分に言い聞かせてあげて。

 

この得意不得意はね、

実は育った環境がものを言います。

小さいころに

コレを両親にやってもらえてないと

自分で自然とはなかなかしづらい。

 

でも今この記事を読んだ貴方は

気が付けたラッキーな方。

だから、自分を救いましょうね。

 

 

身も心も豊かな方は・・・

ざっくり分かりやすく

言うと幸せな成功者は(笑)

これが上手なの。

感情をとても平等に扱います。

 

ひいては自分を

とても尊重していることになりますから、

他者からも大切に扱われます。

 

どんな感情も大切な感情。

見放さないでね。

格好つけるところを決して間違えないで。

 

f:id:maa147:20171215091354j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

篩(ふるい)分け 

実は…
いま本当にふるい分けの最中なんだ・・・
と、実感する毎日なんです。

 

特に

45~65歳までの男性達の

ふるい分けが激しい

 

まず何故、男性、か。

 

実は女性も同じですが、

女性は早めに

自分の「嫌」に

気がつく生き物で、

男性は女性よりも悪く言えば鈍感、

よく言えば我慢が可能なんです。

故に

やはり男性が

圧倒的に多くなってしまいます。

 

さて

何のふるいかと言うと・・・

「従来の頭でしっかり考え計画派」

「ハートや魂の声重視派」


の2つです。

(以下 前者と後者)

 

時代は、、地球は、、すでに
2012年12月21日から
後者の

「ハートや魂の声重視派」の域に
入っています。


ちょうど

45〜65歳前後の男性方は
この狭間にいる方が多い!!

勿論例外の方もいます。

(ある特徴があります) 

 

大体この世代はバブルを

経験している最後の世代だったりします。 

40代になるとそうとは言えないのですが、

その影響は色濃く残っています。

 

頭でしっかり考えて、

策を練り遂行していくことばかり

教わった世代であり、

それにより恩恵も

受けてきた最後の世代なのです。

そのための学力を競って

身に着けた世代でもあります。

 

この方たちは「心」の扱い方を

すっかり置き去りにしてきてしまっている事が多くみられるので、

今のこのふるいに掛けられてしまうというわけなのです。

 

しかし時代は時流は地球は・・・

この時代からは動き、流れ、

今迄の目に見えたもので

尺度が図れる時代ではなくなりつつあります。

 

 

2012年から5年経とうとしています。

 

そろそろ、

この前者側

「従来の頭でしっかり考え計画派」

だった方の生き方が

苦しくなってきているのを見受けます。

 

勿論、篩い分けされる前に、

素直に受け入れ自分で後者に

柔軟に移り変わった方もいらっしゃいます。

 

が、大多数が前者から

後者への移行に苦労されてます。

 

それは・・・

前者で成功体験をしっかりした方、

小さな成功を納めた方は特にご苦労されやすいようです。

 

従来のやり方しか知りませんし、

成功してきていますから

なかなか怖くて変えられません。

 

何故最近、従来のやり方では

満足や充足が得られないばかりか、

失敗や悪いことが起こるのか・・・

 

気が付いていて移行できない方、

気が付きもしていない方とに分かれます。

 

魂は後者

「ハートや魂の声重視派」

の方に行きたいけど、


頭でうん十年と考えて
短絡的にならないようにって
やって来てますから、
動けない。。。

 

 

 

しかし、

今世

今の時代に生きている方は

命を終えるまでに
「ハートや魂の声重視派」

の生き方に
目覚めると決めてきているので、

 

この2012年12月21日以降は特に、

いつまでも従来の

やり方で思考したり生きていると


ご先祖様や

心配していた守護様、
ご縁ある神様、が、

気付かせようと
背中を押すような出来事に遭遇するようです。

(これは一見すると

 嫌なできごとで出ることが多いようです)

 

故に、
これまで信じがたいとしてきた事を、
信じざるを得ない状況になったり、

私のようにパイプ役になれる
巫女的存在の口を借りて
メッセージを伝えようとしたり・・・

 

 

しかし思うのです。

この世代の方たちは、

両方の生き方を経験しようと

決意して生まれてきているのです。

 

これからの男性の生き方は、

この後者をきちんと経験して知ったうえで、

前者の知識を知恵に変えていける者が、

幸せを感じやすい時代になるでしょう。

 

余談ですが、
【短絡的】って言葉、
定義が変わるだろうな。
【短絡的:魂や心の声に逆らい、
熟考をしたのち判断を下す事】

みたいな。。。

 

更に余談ですが、

大成功者は口を揃えて言いませんか?

「自分の直感に従った」と。

これが前者後者の生き方のヒントです。

 

実は前者的思考は誰かの

「ハートや魂の声」

で、

成功を納めた人間のコピーにしか過ぎないのです。

 

そう、実は誰かのオリジナル

 

だから他の誰かのオリジナルを実行しても

そこそこの幸せと

そこそこの成功しか待っていませんし、

充足感からは遠く離れてしまいます。

 

だって自分の心を疎かにしているんだから。

 

これから目指すは、

個々にオリジナルな生き方。

 

自分とは違っていても批判しない

批判されない生き方。

 

話は逸れてしまいましたが、

貴方はどちらで生きていきたいでしょうか?

 

唐突な話で少し信じられないかもしれませんが、

潜在的にはしっかり残っていて、

どこかで、この話が点となりいつか線になるでしょう。

 

f:id:maa147:20171215004806j:plain

広告を非表示にする

想いがあれば…

昨日のいい夫婦の日
結婚記念日だった方も多い様ですね。

語呂合わせよりも、
数字の並びにご注目、ですよ。

 

1122。
ゾロ目の組み合わせ。

11にはあなたの思考が素早く現実化するから思考に気をつけて。


22は信じる大切さ。

 

 

常に何を考え、思い
何を、どこを信じるか、、
が夫婦の在り方に
反映する力を持った日なのです。

 

この日を結婚記念日に選ばれた方は、上記を試す場が多いでしょう。


魂が望んだ

学びがあるからです✨✨

継続の為の学びか、
執着を断ち切る学びかは人それぞれ。

 

 

因みに
夫婦でいる大切さと、
夫婦を解消する大切さは同等です。


(無闇に、

 は賛成しかねますが
 いずれそれにも学びが

 あると分かります)

 

 

パートナーシップは画像の
この位がちょうど良い❤️

(一番下にあります)

 

違う生き物がガラス一枚挟んで
熱くも温かく求め合う❤️

 

このガラスをどちらかが
勝手に突破したり、

自分と同じ種別だと

思い込み出したら…
同じ種別だから、
自分と同じ様な思考感情、

五感があって

当たり前だと思い込んだら…

 

反対にガラスの向こうで
そっぽ向かれたら…

 

苦しくなりますね。。

 

 

いい夫婦…良いパートナーシップは
人間の数だけあります。


が、共通するのはただ一つ。
「相手への想い」があるか無いか…

 

f:id:maa147:20171123162040j:image

 

広告を非表示にする

不愉快の扱い方

ごきげんよう

愛すべき・・・読者様

 

今日の記事は男女両方に向けられる事なので。

このブログ女性の読者様も結構いて下さるのです。

クライアント様も女性の方がいらっしゃいますしね。

ありがたいことですね。

本当に心からありがとうございます。

 

 

 

さて、今日のブログ記事なのですが、

「不愉快」について書いてみようと思います。

 

不愉快とは

 

ふ‐ゆかい〔‐ユクワイ〕【不愉快】
[名・形動]愉快でないこと。

  いやな気分になること。

  また、そのさま。

  「―な思いをする」「人を―にする」

ふ‐かい〔‐クワイ〕【不快】
[名・形動]
  1 いやな気持ちになること。

   不愉快であること。

   また、そのさま。

   「―を覚える」「―な気分」「―感」
  2 気分のすぐれないこと。病気。不例。

 

 

りっしんべん(立心偏)が付きますから、

心のあり様を表していますね。

 

では、誰の心か。

不愉快になった本人の心ですよね。

 

しかし、

「不愉快な思いをさせたのは?」

という問いになると、

自分以外の

外側の環境や人、

モノをさします・・・か?

 

結論から申しますと、

これは大きく不幸の

スパイラルに居続ける行為になります。

 

先に戻りますが、

不愉快な思いは自分がしていますね。

ということは、

不愉快な思いをさせているのも

外側の要因を使って、自分でさせているんです。

 

はい、こんがらがってきましたね?

 

この自分がさせている、

という心理的理論は

非常に理解や

腑に落ちるのが困難なものなので

今回は割愛褪せて頂きますね。

もっと分かりやすく

書けるような成長を

私が遂げましたら書かせて頂きます。

 

お会いしてご説明するのは簡単なんですがね・・・

個々の四魂心理学に基づいて

お相手の理解しやすいアプローチで話せますから。

 

さて、不愉快の扱い方なのですが、

 

まず言えることは

不愉快な

思いをしたからと言って、

不愉快を感じさせてくれた

相手や環境やモノが

間違っている訳でも、

悪いわけでもないのです。

 

この時点で、

「エーだって」

「でも」「あいつが」

「どうにもできない環境が」

という言い訳や

ブーイングが聞こえそうですね。

 

ここで、言い訳やブーイングの皆様は、

あること自分にしてあげていないのです

 

あることとは、

不愉快だった気持ち、

怒りや悲しみ、寂しさを心行くまで

自分の中で感じ切ればいいのです。

若しくは人に迷惑をかけない方法で発散する。

「ちきしょー」って。

「こんなに不愉快だー」って。

「今自分は猛烈に怒っていて不愉快だ」

とかね。

 

この

自分は今、

こういう気分なんだって

言い聞かせるのは非常に有効です。

 

これをすることに躊躇や

中途半端感

残るから

愚痴愚痴ネチネチ言いたくなるのです。

 

自分がどれだけこういう局面に

不愉快になるのかを知るいい機会ですから、

心行くまで、落ち着きが取り戻せるまで

人に迷惑にならないように表現と

感情を感じ切ればいいのです。

 

そしてここからが一番大事なのですが、

同じ不愉快な出来事を繰り返さない方法です。

 

気持ちを表現しきり、

感情を感じ切り、

落ち着いたら・・・・・。

 

何故、

自分はあの行為、

あの発言、

あの環境に

あのモノに

不愉快になったんだろう?

 

この質問をして欲しいのです。

一度に答えは出ません。

繰り返し繰り返し考えてみるのです。

 

答えが出るまで考えていてもいいですし、

慣れてくると周りの環境から

答えを貰えるようになってきます。

もっと慣れてくると、

答えを貰うスピードがドンドン速くなります。

 

そうすると不思議なもので

同じ事柄で不愉快な思いはしなくなっているのです。

何故ならその事柄に対しての答えは手にしたので、

もう学びの必要がなくなってしまったから。

 

すると人生の

ステージは一段も二段も上に上がっていきます。

 

気が付けば自分の望んでいた場所に

立っていたりするのです!!

 

心理学的には説明が付き、

不思議ではないのですが、

外側の現象として現れてくる様は、

やはり不思議に感じます。

 

そうやって一段一段成長して

望みの場所へと進んでいるんだと考えると、

不愉快な出来事も、そこへの道しるべとして

捉えて行けるようになります。

 

また、何故?に行く前に

不愉快な思いを

表現し、感情を感じ切っている間は、

みんな同じなんだなって感じると、

安心できませんか?

 

なーんにも格好つける必要なんてないんです。

 

やーだな・・・不愉快だな。

腹立つな。嗚呼。

やーだなって思って居るんだな、自分。

そっかぁ。

ああ嫌だ、不愉快だ。

可哀想になぁ自分。悲しいなぁ。

あ、悲しいんだ、そっか。

あれ?寂しい気もするぞ。

そうか、こういう時自分は

悲しいし寂しさを感じたりするんだ。

へー。。

なんで??・・・・・

 

という具合です。

 

「やーだな」の部分に時間がかかることもあります。

それはね、今まで沢山我慢してきたから。

だから、

そっかそっか、って時間をかけてあげてください。

ココにあまりに囚われてしまって、苦しいなら

カウンセラーに話を聞いて貰いましょう。

 

ここは助けが必要な部分かもしれません。

 

なんでも自分でやらなくていいんです。

 

 

年末に差し掛かり、

多忙から余裕のなくなりがちな方が

多くなってきたかな?

って感じましたので、書いてみました。

 

参考になればうれしいです。

日一日と、寒さが厳しくなってきています。

心は温かく過ごして頂きたいなぁ。

 

よしよしヾ(・ω・`)ってね

 

f:id:maa147:20171120224327j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

感じちゃいけない感情?

御機嫌よう

 

昨夜のクライアント様からの

SOS


「こんな感情を

   感じてもいいですか?」

貴女の世界で
生まれた感情に

善悪なんかありません。


感じてはいけない

感情なんて
ありません。

 

昨今、声高に意識の世界や
精神世界では訴えられています。

 

でもね、
頭を使って思考に頼って、
いえ、
思考を頼りにするしか
方法を知らなかった方々は、

 

それしか教えて貰えなく、
実直に遂行し

続けて来た方々は、
白か黒か、

善か悪か、

上か下か…の

物差ししか

持ったことが無いので、

いくら声高に叫ばれても、
やはり「頭」でしか
なかなか理解できません。

 

 

やればいいじゃん。

 

しか言えない方は、
こういう方に意見する
資格はありません。
本人のカルマを増やすだけ。

そういう方は

黙って勝手に一人で進みなさい。


寄り添う気もないのに、
意見したくなるのは、

自己の中に

まだまだ

見つめていない

「何か」から

逃げているだけだから。

 

また、
なかなか動きたくても
足踏みしてしまう人は、
言い放つだけの無責任な
成功者と呼ばれる人の
言うことは無視しなさい。
いいから。

 

子供に勉強を教えながら、
怒ってる親と同じですからね。
結局、子供には何も教えられない。


たしかに、
「やればいいじゃん」

なんですが、
そこに辿り着けるまでの
マインドが有る方と

無い方がいるのです。


このマインドを

作り上げていくのは
ある種、

育て直しに

近い作業になります。

 

許されて来た経験を
少なからず積む必要があるのです。

 

極端しか知らない方々は
どうしても「ダメな自分」を
一気になんとかしたくて、
「ダメな自分」に

叱咤激励してくれる方の

ところに行きます。

 

厳しくされて来たので、
その方が心地が良いと

錯覚するのです。

 

でも結局…
わかったフリ、出来たフリ、、、

やったつもり、

変わったつもり。

何にも変わらない。

 

これは自己啓発本も同じです。

 

先ずは
「ダメな自分」

と思っている事実を
本当にそうなの?
何故?と、

優しく解してから
ダメじゃないんだ、
と気づいていく作業が大切です。


みんな必死で生きてます。
そんな貴方が、貴女が、
ダメなわけないじゃないですか!


貴女の、貴方の、
自然に湧いた感情は

誰にも裁けません。

あなたのものです。

 

どんな黒いように見える感情も
あなたの一部。
大切に感じてあげて下さい。

どうぞ

切り捨てないで。

 

感じきったら、
それをどうしていきたいか
どう扱っていきたいかを、
一緒に考えていきましょう。

 

そこからまた人生を
創っていけますからね。

 

f:id:maa147:20171115142607j:image

 

風俗と男性の傷

ご機嫌よう

愛すべき殿方様 たち・・・

 

私、最近感じるんです。

私自身エネルギーに非常に

敏感な生まれですから

お会いしている方のエネルギーの変化には気が付きます。

 

例え、気が付かないように

スイッチをオフにしていても、

皆さんが第一印象というやり方で使用している

エネルギー感知能力はオフにしようとしても

出来ませんよね?

あれと同じです。

 

土足で人様のエネルギーを視てしまったりは

決してしません。

因果の法則により、そういう身勝手な行為は

やはり自分に返ってきますから。

 

 

 

と、前置きが長くなりましたが、

最近、感じるのです。

男女の貞操観念は

実はエネルギー的に言うと逆なのでは?

と。

 

私の周囲には風俗を利用する男性が

これまではおりませんでした。

がクライアント様に

最近チラホラ・・・出て参りました。

(時々ね「私の事ですか?」って

クライアントでもない方からご連絡頂くんですが

あんたなんか知らんですww)

 

私が自分の周囲にそういう男性がいなかったのは、

そういう方を選ばなかったのもあります。

エネルギーを視ればわかりますから。

ってか、話してりゃ分かります。

 

で、何故選ばないかというと

風俗に行くという貞操観念の男性は

相手を幸せには出来ない

エネルギーで充満しているからです。

 

もっと言うと、

ご本人がとても不幸で

心が貧しいからです

(1~2回興味本位で行きました程度は

 カウントされません)

 

心の貧しさですから経済力が 

無いわけではありません。

 

寧ろ、経済力のある方も結構な割合でいたりします。

 

男性が女性を金銭授受で

どうにかしようとする時に働くエネルギーは

確実に奪うエネルギーでしかありません。

 

そう、女性から性交渉やそれに近い行為で

エネルギーを奪っているのです。

 

補填でも、補充でもなく、奪っている。

ココに気が付けないんですね。

 

ココでは風俗の在り方や

それを利用する男性を

責めているのではありません。

 

それを踏まえて読んでくださいね。

 

対価を支払うからいいのか、

というと対価を支払ったからと言って、

エネルギーを奪った行為に対する

穴埋めはできません。

(もう少し詳しくいうと

桁が違うのです。桁が。

エネルギー清算をしたいなら

支払いの桁が違うのです。)

 

ですから、

他者のエネルギーを奪いに行くということは、

立派なクレクレ星人なんです。

 

クレクレ星人は相手からの愛情も

エネルギーもくれくれ、

足りない足りないというお化け。

自身で満たせないのです。

 

エネルギーの法則でいうと、

奪ったエネルギーは、

必ず違う形で奪われるんです。

それも倍返し以上に。

それが人生どのパターンで現れるかは、

個人個人違います。

 

と、エネルギーの面で視ると、

このような見解になります。

 

実ははるか昔に集落に一人は

「巫女」として呼ばれた中に、

若い男性に性行為を教える女性がいました。

(通常業務の巫女さんもいましたよ)

 

その巫女は男性の中に溜まった悪を

性行為で聖なるデトックスをさせたとも言います。

が、これは簡単になれる職業では無かったようです。

 

そしてその巫女は集落の男性女性から

とても崇め尊敬されていたのです。

清めの儀式に性行為を使えるほどに

スピリチュアルに長けていたから。

また、清らかで神に近い存在だから。

 

何よりもその体と能力を差し出す

心があったから。

差し出されて初めて効果が出るのです。

 

奪ってはいけません。

 

それが今はすっかり歪んでしまい、

崇め尊敬が失われた代わりに

対価が介在するようになったのです。

 

対価が介在することで、

「本当の感謝」はされなくなりました。

 

排泄と同等に考えているバカもいますからね。

 

そもそもの意味合いがなくなったので、

今の風俗の在り方と、

その巫女の在り方はまるで違います。

また、女性にもそのような力はありません。

 

女性側を考えても、

どのような理由でそのような職に就いているのか、です。

 

性交渉で、その女性の働く動機になるエネルギーが

跳ね返ってきていることに気が付くべきでしょう。

 

現代の状態では決してありがたくない

エネルギーなはずです。

 

 

では現代そういう気質の

女性はどうしているのか?

そういう方は

実はもう風俗という職には就きません。

受け取れる

ご神託を上手に活用して生きています。

 

そう、時代はもう違うのです。

はるか昔に

活用された特殊な「巫女」の活用は

もう時代的に思いっきり古いんです。

 

いつまでも生活の為に狩りをしませんよね?

未だに移動手段は馬ですか?

厠はまだ水洗じゃない?

電気もない生活してますか?

 

古い、古すぎる。。。。

 

まあね、提供をやめるのが先か、

需要側が買うのをやめるのかは、

卵が先か鶏が先かになってきてしまうので、

私は興味ありませんが。

興味ないので提供する奴がいるから

買ってしまうんだなどと、

低能過ぎることは私に仰らないでくださいね。

加えて、提供する女が悪いってやつもね。

じゃ、買うなよバーカで終わりだから。

 

 

男性は繊細故に

「愛」の籠った性交渉から

逃げてしまう傾向があります。

 

どうしたらいいのか分からない、も

立派な逃げですよ。

 

故に、簡単に欲望を叶えることをするのです。

 

でもこの循環はまさにまさに

悪循環。

 

ヤレばやるほど、

心の空虚に苛まれるのです。

どんどん空っぽになっていく。

逃げようない絶望を抱えた孤独が追ってきます。

すげー速さでww

 

逃げられないんです。

 

だからそれを埋めようと

可視化できる物事に拘る。

 

 

繊細

故に本当の愛の性交渉に向き合えないのに

その繊細さは自分の間違った選択により、

より、傷付いていく。。。。

 

どんどん深みに嵌まるんですね。

自分をついには汚いモノだと

思い始めたりする方もいますから、

本当に要注意です。

 

 

本来はとても愛されたい、

愛されて愛して性行為したい、

という気持ちを持ってらっしゃいます。

 

諦めが早いんだよね。

こんな自分に

本当の愛なんて注いでくれないだろうとか。

 

 

オンナから愛されることを知ってください。

 

そのためには、

自分が何を畏れているのか知らなければ。

 

是非、きちんとオンナに抱かれてください。

抱くんじゃありません。

男性は女性に抱かれているんですよ?

いれてるんじゃない、包まれているんです。

 

そこから、

男性の本当の自信って湧いてくるんですよ。

 

外側をいくら埋めてもダメ。

本人が一番分かっているはずです。

 

 

と、言うわけで、

男性こそ、

貞操観念は慎重に扱われたほうが良いかと。

繊細 故にね。

 

もう一度言いますが

風俗利用者を責めている訳でも、

提供側の方々を責めている訳でもありません。

人が人を裁くことはできませんからね。

 

そうするしか、

知らなかったんだよね……

もっというとパートナーを

傷付けないためにこっそり利用している人もいます。

 

常用している方はね、

いきなりはやめられないし、

やめろとも言わない。

決めるのは貴方。

 

ただね、利用したらね

そのご縁に少し感謝をしてみて。

何かが変わるからね。

 

 

私が言いたいのは

本当に、それで幸せ?

本当は程遠い道のりに思えても、

愛のある愛を感じられる、

愛されていると無性にも無償にも感じられる

カラダの重ね方を知りたいんじゃない?

手に入らないものと、

自分を諦めさせないでね。

 

諦めるって事は、本当は欲しいんだよね?

頭で欲しているものは手に入るのがこの世の

摂理だよ?

 

大切な自分に、一番大事な愛を

諦めさせないであげてね。

って伝えたいのです。

 

 

クライアント様のおひとりは言いました。

 

「お金の心配のない一人の私より、

 毎月火の車の友人家族の方が

 皆で必死で協力していて

 幸せに見える、羨ましい・・・。」

と。

その方の孤独を私は知っているので、

本心だと確信しています。

 

人間は「愛」を欲して必要な生き物です。

自分から

湧いてくるようになっていると気が付くのに

そしてそこに在った、と本当に腑に落ちるまでに

時間がかかってしまうのです。

 

どうぞ、「愛」と

性交渉を切り離してお考えにならないで。

 

傷付くのは男性自身なのです。

 

 

「いいね」非常にしづらい

記事かと存じます。

こっそり読んでくださって、

ありがとうございます。

 

女性と男性の貞操観念が実は逆なんじゃないか?

の女性側については

文面だと非常に誤解を生みやすいんですよね。

だから時代が追い付いてきたら書きます。

それまでは誤解しないであろう

先進的な方にのみ、口頭でお話します。

 

f:id:maa147:20171031162858j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

本当のモテ男の気遣い

ご機嫌よう

愛すべき殿方様

 

 

10月19日、

12月中旬の気温だそうです。

誰に文句言ったらいいんでしょうか?

しかも雨。

風も強め。

 

今日はね、

カウンセリング・コーチン

セッションがあります。

いつもはエネルギーの良い

坂を登ったホテルラウンジで

セッションです。

 

あとはね、

そのクライアント様の

エネルギーに合わせて

ラウンジを変更します。

 

が、

今日のクライアント様は女性。

おそらく、考える事は

同じ。。。

 

駅から近いとはいえ、

あの坂を登って

あのホテルのラウンジには

行きたくない…

 

で、急遽連絡しました。

駅直結のホテルにしませんか?

と。

 

今までエネルギーを

確認に行きたかった

ホテルラウンジですし、

こんな天候だと女性には嬉しい❣️

 

提案はやはりの快諾❤️

 

 

この様にね、殿方様。

 

女性は兎角、

悪天候に弱い生き物です。

好き嫌いじゃなく。

 

 

だから、

デートが悪天候だった場合、

変更可能なら、

是非進んで意向を

尋ねてあげて下さい。

 

アクセスしやすい場所に。

 

「悪天候だから、

   行きやすい◯◯にするかい?」

 

ってね。 

 

男性は目的意識で行動しますから、

予めデート場所を決めたら、

多少の悪天候は物ともせず

行かれますが、

女性はね、

やっぱりオシャレして来ます。

そこを汲んで差し上げて欲しいの。

 

体力も違いますし。

やはりね、

生命を生み出す体を持ちますから、

寒さから体を身を守ろうと、

体力を奪われやすいんです。

例え閉経していても、

気構えは同じです。

 

 

男性からそんな気遣いを頂けたら、

女性は感謝します✨✨

 

大切にして頂いていると

優しい気持ちになります。

 

そして、度重なるごとに、

余裕あるその気遣いに

貴方を尊敬する様になりますよ。

 

できる男への近道です。

 

実はこういう気遣いが出来るのは、

お仕事が出来る方が多いです。

 

私の周りには多いです。

有難いことに。

 

今朝も大好きな

尊敬すべき殿方様が、

会う場所について細かく

ご指示下さいました。

丁寧に✨✨✨

嗚呼やっぱりお仕事出来る方、

人望の篤い方だわ…と

改めて尊敬致しました。

同性からもモテます。

いや、両刀って意味じゃなく。

 

 

 

逆から言えば、

下心抜きに女性に

こういう気遣いが出来ると

仕事にも良い影響が出ます。

 

チャラ男や

プレイボーイは

自分勝手ですから、

この手の気遣いは出来ません。

逆に

中止を言ってくる可能性があります。

女性を都合の良い女扱いするからです。

こういう男性は

正念場には弱いですから、

いざという時

心が簡単に折れます。

 

男性は気遣いひとつで

モテますからね❤️

 

f:id:maa147:20171019092343j:image