心理・真理カウンセラー 幸せの仕組み 

億万長者と言われる経営者を相手にメンターを勤めてきた心理(真理)カウンセラーが幸せと愛と霊性の仕組みについて書いてます

お金の法則 経営者の夫婦編

ごきげんよう

 

 

私のクライアント様のご主人様で

士業の方が居ました。

 

奥様である私のクライアント様も

ご自分で自営業で

教育関係のお仕事をされています。

 

クライアント様の一番のご相談事は、

昔ながらの

「働けど働けどなお、

 我が暮らし楽にならざり」

by 石川啄木

でした。

 

そこで、私が一番先にやることは

貸借対照表類の決算表を視ることでも、

キャッシュフロー聞く事でもありません。

私、誰でも出来る方法を教えたり

お金のテクニックを教えるプロではないので。

 

お金は

とてもとても

心の問題と直結しています。

貧乏は心の病です。

 

私は

その辺りの

根治治療の

プロなので。

 

私が一番最初にお伺いしたのは、

ご夫婦関係です。

 

40代後半の同じ年齢のご夫婦。

仲は良好、と仰ってました。

 

そう…ここに落とし穴があるのです。

仲が良好って、何でしょうね?

 

・言い争いが無い事?

・喧嘩しない事?

・距離が十分に

 開いていてお互いに好きに出来る事?

 

全て不正解です。

 

こちらのご夫婦は言い争いも無く、

喧嘩もせず、、、、

何かのレセプションの時は二人で参加して、

仲睦まじいご様子です。

 

顕在意識的には

奥様もご不満はなさそうです。

「仲の良さ」を売りにしている

フシもあるからです。

 

しかしカウンセリングを進めていくと、

私が最初から見抜いていた

問題が彼女の口から出始めました。

 

 

 

 

それは・・・

「夫の仕事を

 手伝っています」

 

はい、ダメーー!!ってな訳です。

 

手伝う????何を?

仕事に手伝うってまず、理論上ありません。

手伝いを雇う様な

レベルの仕事する

士業に何かをお願いしたいですか?

士業ですよ?

私は絶対に嫌ですね。

レベルの低い仕事なんかして欲しくない。

 

言葉のアヤなんて実は存在しません。

手伝いという言葉を発した時点で、

彼女は

夫の仕事での自分の地位

そう、呼んだ事になります。

 

人は使う言葉が

【現在の自分】を表します。

ですから言い間違いでも

言葉のアヤでもありません。

 

そして

夫の仕事を

手伝っている

奥様がいるご家庭は

家計は火の車に近いはずです。

 

私は

女が夫の仕事に手を出すな

と、言っているのではありません。

 

本当に

大富豪になりたいなら、

奥様を

フィクサーに座らせるのは必須です。

そしてそのフィクサー

正当な地位と立場と

待遇を用意すれば

家庭は安泰、会社も安泰、

ついでに夫の心情も安定します。

中年の危機や

男性の更年期障害

消えてなくなります。

 

この場合、

奥様に手伝い

なんて言葉を使わせるのでは無くて、

きちんと働いて

もらっている感覚を

持たせるような

地位と待遇を与えなさい

この器の

小さいケチ男め、

と言っているのです。

社長と

名乗って恥ずかしいと思えーーーです。

 

ケチにお金が付いてくるわけがありません。

 

成人したら、無償で親を頼るのも

お金に嫌われる行為です。

(大学生はしかたないね・・・)

 

例えば

自分に子供が生まれて、

自分の親に面倒を看てもらう時、

きちんと報酬を支払うべきです。

 

近しい関係の間柄こそ、

「この位いいよね」は

絶対に存在しません。

 

これを守れる方は

本当にお金に好かれます。

 

私はこのあたりのカウンセリングを

奥様であるクライアント様にいたしました。

 

長年[お手伝い]してきてしまっているので、

その呪縛からなかなか抜けられないのですが、

正当な待遇と報酬と地位と立場の請求が

夫婦喧嘩が怖くて出来ないなら、

その忌々しい(笑)

[お手伝い]をおやめなさい、とアドヴァイス。

 

最初はね、

ぎくしゃくしたそうなんですが、

ここは正念場、

手伝ってくれないと

夫がヒステリー起こしても

放っておきなさい、と言いました。

 

ここでも

奥様の精神的フォローしましたので。

そしてやるべきことをご伝授します。

 

それにより

クライアント様は

ご自分のお仕事に精を出され、

以前より約4倍も稼ぎ、

自分の時間も持てて、

とてもお幸せに。

 

それを横目で見ていたご主人は

ついぞ、

正式にうちの事務所に入ってくれないか?

名を連ねてくれないか?

君以上に

信用できる人物を

探すことは不可能だった、と

仰ったそうです。

 

馬鹿な男ですねー(笑)

最初からそうしてりゃーいいのに。

もともと愛し合っていて

仲は良いのですから、

最初から

ご主人が奥様を

自分の仕事のお手伝いさん扱い

しなきゃよかったのですよ。

だって途轍もなく信頼しているんでしょう?

 

しかし、人は失って気が付くわけですから、

大きなお勉強をされたと思います。

こういう情操

お勉強は豊かさに繋がりますよ。

 

ご主人様はその後

彼女に士業事務所の

おおよそ

副社長の地位を用意し、

お給料もしっかり

支払われるようになったそうです。

 

~そうです、

ってここまで私がカウンセリングして

導いてますからね(笑)

 

するとご主人のお仕事の業績が

みるみる右肩上がりになり、

今では

6つ目の事務所を作っている最中だとか。

 

奥様はご自分のお仕事の運営経営を

自分が育ててきた方にお預けして

ご自分仕事の分野では「会長職」に。

 

時間に融通が利くようになりましたので、

ご主人様のお仕事の方で

バリバリとご主人をお支えになりました。

 

何よりね、

奥様が動きやすくなったのです、

地位と立場を

きちんと正当なものを用意したことで。

 

取引先やお客様、

横の繋がり、勉強会etc・・・

これらできちんとした

お名刺を

お出しになられるようになったからです。

 

夫の会社で

働かされているにも

かかわらず、

(意見を聞くだけでも十分働きです)

人前では

代表取締役社長の

奥様のみという

立場に座らせるという

非常に

失礼な行為をし続けることで

その行為をしているご主人の運気が下がっていく訳です。

 

お金にも相当、嫌われます(笑)

 

経営者様、自営業者様、

こういう奥様にとても失礼な

態度、取ってませんでしょうか?

 

絶対にいけませんよ。

自分が稼いだお金は

家庭に入るから一緒、、、

じゃありませんからね‼️

 

同じ仕事をお願いした場合、

他人なら報酬をお支払いするはず。

 

貧しさへの近道ですから、

おやめになって。

 

そのお心、貧乏病ですからね!!

 

そういう男に限って言うのよ

アノ禁句を。

「誰のおかげで飯くってんだ」

これはね、一遍死んだらいい。

そして帰ってくんな。

 

これを言わないまでも、

承認欲求不満を家族にぶちまけたりね。

 

認めて欲しーーって。

認めるもの、ひとを

しっかり認めてから言いなさいっ

 

f:id:maa147:20201119150012j:plain