心理・真理カウンセラー 幸せの仕組み 

億万長者と言われる経営者を相手にメンターを勤めてきた心理(真理)カウンセラーが幸せと愛と霊性の仕組みについて書いてます

意識の法則を使うだけ

ごきげんよう

以前に書いた

maa147.hatenablog.jp

 

 

今回はこのお話をベースに少し違うお話を展開していきたいと思います。

 

まず、上記の前々回のブログで

直感とは未来世や過去世の

自分からのメッセージであるとお話しました。

 

過去世の自分はこの世界の事や

世界の理の一部、経験、

作ってしまったカルマ、

課題への内容を熟知しています。

 

未来世の自分は、

今の自分が考えられる数だけの

自分が無数に用意されています。

そしてそれは既に存在していて

自分という思考がそこに存在し

実際に時を過ごし生きています。

 

自分が考えられる数だけの自分、という事は、

成功した自分もいれば、

この位でいいやと妥協した自分もいますし、

不安になって考えた時の落ちぶれてしまった自分も

 

それぞれ既に存在し未来の自分として生きているのです。

アインシュタインはこれが言いたかったのです。

 

ここまでついて来れていますか?

大丈夫かな?

 

これが理解できていると

話題の映画、「TENET」の理解は簡単です。

 

 

これらを理解した上で、

方位や

運勢占いや

占いで出た時期などを信じるか?

という事についてお話を展開していこうと思います。

 

まず、占いとは、

難しいものから

手を出しやすくしてあるものまで、

広く捉えて、統計学です。

そして古来からの列記とした学問なのです。

 

占星術もかつては今で言う所の天文学でした。

 

そして統計というものは

物事を判断していくのにとても有効です。

傾向を知ることで先を見通しやすくなります。

 

これを妙に

信心と重ねすぎる方が多くいます。

 

統計と傾向はあくまでもソレであり、

ソレ以上でも以下でもありません。

 

そしてとても有効活用すべき道具です。

この道具に振り回されて

壺やらなんやら買わされてしまうという笑い話もありますね(笑)

 

あくまでも大事なのは自分の感覚軸です。

 

 

自分の軸がしっかりしている場合、

直感を受け取るパイプの詰まりが無くクリアーですから、

統計学よりも

自分の未来世と過去世からのデータの方を優先できます。

自己肯定感が高く、自己信頼が強いので、

これは例えば天中殺だろうが、良くない時期と言われようが、

関係なく、自己実現の高さと豊かさを約束されたやり方です。

(エイブラハムなんかの提唱がソレです)

 

しかし、

自分の軸が揺らぐことが多い方は

直感を受け取るパイプに詰まりを起こしやすいので、

自分の未来世と過去世からのデータの方を感じ取っても、優先できません。

こういう方が人類の大半を占めますので、

お気になさることはありません。

こういう時に、

統計学である、「占い」を有効活用すべきです。

 

これによって出された結論で

心から安心と納得

できるのであれば、

これが正解です。

 

大切なのは、ココ。

 

何かを決める時、

不安や迷いが多くなってしまって

自分を見失って直感が働かなくなった時、

人は大抵間違った選択をします。

 

この時に占いや統計学を利用する、

そして安心と納得を得るという事。

 

これが正しい使い方でして、

信仰や

自分を失う事に使うべきではありません。

況してや振り回されるなんて以ての外。

 

例えば、

何かの逃げでも、何かの所為でも無く、

とても純度高くスンナリと

辞職して独立したいと湧いて出た時、

誰かに「占いで時期が良くないよ」と

言われても、

感情が一切揺るがないのであれば、

これは起業すべきです。

 

ですが、言われたことに対して、

気持ちが揺らいだのであれば、

何かのメッセージです。

その際は信頼できる占断が出来る方にきちんと依頼しましょう。

そしてその上で自分が、

更にどのように感じたか

とても大切にする時間を取りましょう。

 

私はスピリチュアルなのですか?とか、

霊能力があるのですか?

だとか言われますが、

量子物理の世界で確立されている、

意識の法則を使うことが出来るだけです。

ヒモ理論など山ほどあります。

 

そしてそれが時に、

他の人より

強く可視化出来てしまったり

聴こえて来たり、

肌で感じることが多いだけなのです。

 

それは、

自分軸をしっかりしておくことで誰にでも出来る事です。

(直感の通り道のパイプに詰まらせない)

 

12月の冬至が来ると、

250年続いた【地の時代】の終焉です。

物の捉え方や流れ方、

目に見える世界でのこれまでの常識が、

ガラリと変わります。

【風の時代】が来るのです。

 

この時までに

占いの正しい使い方や、

目に見えない法則の利用の仕方を、

ある程度知識として

身に着けておいた方が、

新しく変わる時代では生きやすくなります。

 

従来の目に見える化の成功や豊かさからは

もう幸福論は語れない時代の到来です。

 

占いやスピリチュアルは従うものではありません。

それを聞いたときに、自分がどう感じるか、これが大切です。

 

そろそろ準備されてくださいね^^

 

f:id:maa147:20201025143036p:plain