心理・真理カウンセラー 幸せの仕組み 

億万長者と言われる経営者を相手にメンターを勤めてきた心理(真理)カウンセラーが幸せと愛と霊性の仕組みについて書いてます

辛い事、キツイ事…総じて【嫌な事】の正体とは

ごきげんよう

順調に季節は移り変わっていますね^^

酷暑に見舞われても、

時間が〈次の季節〉を連れてきます。

 

この様に辛い事やキツイ事は

時間薬が有効、という事ですね。

 

さて、皆さま、そうは言っても、

辛いことやキツイ事は

早く無くなって欲しいと感じますよね?

一目散に逃げたいと感じる事が多くありますか?

 

確かにどんなに達観した人間でも、

人間である限り、

上記の様に感じるのは極当然です。

無理に聖人ぶる必要は全くありません。

 

聖人とはそういうものではありませんから。

 

辛いと、耐えられないんだ、と

表現して結構です。

それが人間の感情というものだからです。

あくまでも表現、ですよ?

 

本当の解決はその後に

きちんとやってきますから、

確実に大丈夫です。

 

辛さ、キツさ、苦しさを

押し込めずに、黙らずに、

表現できないと勘違いせずに、

のたうち回れた後、

ふと気が付くことが出てきます。

 

それは、

「この状態かなり【嫌】だな」

という事(笑)

 

当たり前じゃないか、

と思われるかもしれませんが、

感情に振り回されて

のたうち回っているときの

「いやーーーー!!!」ってやつとは

種類が違うのです。

 

起きている状況が

かなり自分は嫌である。好みでは無い。

この

【嫌】という感覚と覚えを持った

自分を自覚する事こそが大切なのです。

 

・何が嫌か

・どれが嫌か

・あれもこれも嫌なのか?

・特に嫌なのはどれか?

 

など、これらが明確になることは

辛い事、キツイ事、苦しい事から

早めに脱出する技術なのです。

 

何故なら、

自己実現や願望成就とは

【嫌】という状態の

コントラストなのですから。

 

少し難しいでしょうか?

 

嫌な状況 ⇔ 好ましい状況

人という構造は

嫌なことが冷静に出せるようになって

初めて自分の心底の望み

出せるステップに

移行できるのです。

 

逆を言えば、、、、

嫌なことを減らしたいなら、

常に自分の心底の要求や望みを

理解していて実行に移し、

実現させる必要があるという事です。

が、

これは生きている限りとても難しいです、

と断定しておきます。

 

何故ならば《欲》という存在が在るからです。

《欲》というものは感情に様々に作用します。

 

その中でも一番強いのは自分に

嘘をつかせる作用が多大にあるのです。

 

先述で私は「心底の望み」と

表現しました。

 

例えば

人は羨望の眼差し欲しさに

望み自体を自分に嘘をついたり、

 

努力が途轍もないものに思えた時

「その望み要らない」と諦めの嘘ついたりと、

 

自分に嘘を沢山つき、

自分を偽り、

自分から人生を迷路にしてしまうのです。

 

時にとても《欲》があるのに、

無い振りをする方すらいます。

これは《欲》を持たないより

悪しき生き方です。

 

《欲》とは

「心底の望み」を放置しすぎて

腐敗し浮遊している状態の事です。

浮遊霊みたいなもんかなー(笑)

 

だからと言って《欲》を悪者に出来ません。

 

「心底の望み」を放置しすぎて、

《欲》に変身してしまったら、

人様の迷惑にならないように、

人様を決して傷つけないように、

《欲》をさっさと満たしてください(笑)

 

《欲》もやりきらなければ、

「心底の望み」には戻りません。

 

よく成り上がり社長さんたちが

儲かり出したら分かりやすい物欲を満足させだすのと同じです。

彼ら彼女らは、

それらが満足し出すと

「あれ、飽きたな…なんか違う」と気が付きます。

突然、自分を恥じて、

宿坊に行ってしまったりする経営者さんも(笑)

もっと意味のある事をしたい

もっと意味のある事にお金を回していきたい、

この感覚に陥るのだそうです。

でもね、これ、とても自然な事。

《欲》をやり切ったら、

「心底の望み」が出たのです。

《欲》をやり切る途中は自分の事を

物欲の鬼と化したり、

守銭奴の様に感じたり、

色欲に塗れている様に感じたり、

とても心が荒み、

【嫌】な状態や波動の低い状態が続きます。

 

すると、先ほど冒頭近くで先述した

【嫌】な状態が続き、

のたうち回り、

この状態は

自分の望んでる状態ではないと気が付く…

に、なる訳です。

これですね

☆☆☆☆☆☆☆

嫌な状況 ⇔ 好ましい状況

人という構造は

嫌なことが冷静に出せるようになって

初めて自分の心底の望み

出せるステップに

移行できるのです。

☆☆☆☆☆☆☆

 

ですからね、

辛い事、キツイ事が起きたら、

今こそ、

「心底の望み」、

本来の自分の人生を取り戻す

チャンスが来たのだという事。

 

事が起きて、それらを

辛い事、キツイ事と、感じたなら、

本来のレールに戻りたがっている自分の魂がいるという事です。

 

貴方には

本来の心底の望みを

叶えて幸せになる人生を

今世歩み味わい尽くす。

その価値があるから

それらが起きているのです。

 

辛い事やキツイ事が起きた時、

「あ、望みを出すチャンスだ!!」

なんてね、すんなり思えるはずないの!

当たり前ですよ、辛い最中なんだから(笑)

そんな似非ポジティブを推奨しているんじゃないんです。

 

苦虫つぶした顔で、

苦しさでくしゃくしゃの顔しながら、

 

「くそー望み違うのか?

 どれだよー俺の(私の) 望み!

 自分には価値があるから、

 軌道修正しようと、

 気が付かせようと、

 こういう事が起きたのかー!!」

 

で、結構です。

 

この癖をつけていくと

事が起きるたびに大騒ぎすることが

時間や労力の無駄だと気が付けたり、

時に大騒ぎすることに意味があると、

使い分けることが出来たりしてきます。

 

こういったことを極自然に身に着けていけると

生きていく事が幾分、楽になります。

 

楽に生きて良いのです。

 

貴方にはその価値があるから。

 

(ロレアルパリのパクリではありませんよー(笑))

 

 嫌な感情が起きたら 望みを出すチャンス☆

f:id:maa147:20200928161136j:plain