幸せの仕組み 心理カウンセラー・エグゼクティブ専門コーチ

幸せと愛と霊性の仕組みについて書いてます

奴隷的思想の基本は「待つ」姿勢

ごきげんよう

 

昨今はとても辛いニュースが多いですが

いかがお過ごしでしょうか?

 

特にコロナ禍で混乱に次ぐ混乱で

疲弊してしまった方も多いのではないでしょうか?

 

そして不安や焦燥感、恐怖から

怒りが噴出してしまう方もいらっしゃるようですね。

 

政治家や自治体、へ

そして

独自の行動を取る人、

これらへの怒りや苛立ち・・・・

批判・批評・・・罵倒…

 

これはなぜ起きるかというと、

いまの混乱への

答えと解決を

待っているからです

しかも自分の気に入る答えと解決を。

 

誰かからの、何かの答えを

途轍もなく壮絶な

受け身の姿勢

待ってしまっているのです。

 

でもね、

もう

そういう時代は

終わりました。

 

もう誰も答えもくれませんし、

こうするのが正解という

過ごし方のモデルも出してくれません。

 

もう一度言いますが

そういう時代は終わったのです。

 

解答もそれぞれ。

解決もそれぞれ。

そんな時代なんです。

全て、自己の内にあるのです。

 

ロールモデルという言語がありますが、

これまでの時代の様に

容易には見つからない時代です

何故なら、生き方が多様化しているからです。

 

高度経済成長期に合わせて

欧米式の核家族型、

世間の皆の憧れの家電は3種の神器で、

新しく便利な集合住宅型・・・

家業を継ぐことなく

自立という名の雇われサラリーマン生活

女性は専業主婦が憧れ・・・

 

・・・もういいですかね(-_-;)面倒臭い

 

そう、このころは

皆ベクトルは

同じ方向を向いていたのです。

 

いや・・・

同じ方向を向くように

向けさせられていた、

のですよ。

 

お気づきですか?

 

我々は戦後GHQ大和魂

奪われるような行為指示を多大に受け、

その後は

高度経済成長期という名の、

競争に見せかけた

個人個人から

大和魂を抜く社会作りに

参加してきたのです。

 

勿論、

この高度経済成長期の恩恵は

とても有難く

享受すべき偉業なのです。

その時代を生き、支えられた方々には

してもしきれない感謝、だと思います。

 

が、時代の移り変わりが激しく、

今はそこから

受け継いだ生活や習慣を脱ぎ捨てるのに

とても苦労している方が多いです。

 

戦後教育はなんでも教えてもらう、

与えてもらう、

答えをもらう、

生き方の基準を設けてもらう、

標準を定めてもらう・・・

【普通】を作ってもらう

 

を受け入れて生きてきたのです。

 

そして今の社会や

これからの社会を支える世代は

その方々の影響をとても受けています。

ですが、

新しいこれからの時代に

これから人生を築き、

生きていかねばならない世代は

それではダメなのです。

 

答えを待っている

これまで良しとされてきた

生き方をしてしまうと

はっきり言ってこれからは

奴隷の様な

生き方しか待っていません。

 

既にそれを感じている方も多いはずです。

 

今一度

自分は答えを待っている

ステージにまだいるのか、

よくよく足元をお見つめください。

 

その苛立ちや怒り、

焦燥感、不安はどこから来てますか?

 

真に見つめることが出来た時

進む方向がおのずと理解できるはずです。

 

f:id:maa147:20200814164307j:plain