ライオンズゲートの由来と使い方 1

ごきげんよう

 

梅雨が明け本格的な夏がやってきましたね。

 

8月に入った途端、急に大気に熱気が帯びました。

 

昔、私のお師匠様は

この時期の事を

『地獄の釜が開いた』と表現されてました。

 

最近では

ライオンズゲートという表現もしますね。

 

確かにこの時期は太陽星座が獅子座のシーズンです。

これが関係してライオンズゲートというのか・・・

確かにそうなのですが、

では、獅子座さんだけが

関係あるかというとそうではありません。

 

ライオンズゲートのご説明をしますが

8月8日だけがライオンズゲートではありません。

8月8日を中心に前後約一週間の事を指します。

もう少し正確にお話しますと、

エネルギーが強まるのは、

7月の27~28日から8月12日くらいまでです。

8月8日はホロスコープ上での都合上、

一番この時のエネルギーが高まる特別な日という事です。

 

ライオンズゲートを説明するのに

ヒライアカルライジンは避けて通れません。

heliacal と表記します。

ローマ字読みで

ヘリアカルライジングと

読む方が多いようですが、これは間違い。

heliacalは英語なので、

ヒライアカルライジングです。

日本ではローマ字読みの方が多く出回っているようです。

 

heliacal rising は、

太陽の近くで上昇するという意味になりますが、

何が、太陽に近くで昇るのかというと、

シリウスという皆さんもご存じの恒星が、

太陽と共に地平線を昇る事を指示した言葉です。

 

では何故8月8日が有名になったかというと、

今度はホロスコープ上のお話です。

 

f:id:maa147:20200805171840j:image

 

上記の図の緑で囲ってある部分を

見て頂きたいのですが

ホロスコープ上の星座を区切るハウスがありますが

1ハウス全て30度です。

その大体半分の15度から16度が

頂点に来ると表現します。

太陽がこの度数に来るのが大体8月8日なのです。

 

この時期シリウスと共に太陽が

地平線を昇るので特別な期間とされています。

(この時期に限って古代エジプトでは洪水が起きました)

そしてこの期間

社会や世界は

獅子座の空気感が高まる時期です。

獅子座の支配星はズバリ【太陽】

 

そうですライオンズゲートとは

夏の日差しの強さとは一切関係なく

太陽の力が最大限強まる時期。

その時期に

なんと恒星シリウス

一緒に地平線を昇ってくるのです。

 

と、いうわけで

強まる太陽の力と共に

シリウスのエネルギーの干渉が

とても強くなる時期、という事になります。

 

古代からシリウス

地球人にとってとても特別な恒星です。

 

どの文明でもシリウス

様々な魔力を秘めているとされています。

 

女神イシスはシリウスの女神ですし、

日本の謎に満ちた封印された神、

瀬織津姫

シリウスから来ているとされています。

言語分野での研究では

イシスと瀬織津姫は同一視している人も。

 

この時期現実に

刺激的なことが多い人は、

シリウスの魂を持って居る方が多いです。

若しくは転生回数がシリウスが多い魂。

 

夢物語の様に感じて頂いて結構ですが(笑)、

地球にはシリウスをはじめ、

銀河系外の恒星から来ている魂の持ち主が

人々の想定より数多くいます。

シリウスと他に

かかわりが深い恒星はプレアデスです。

 

 

次回は このライオンズゲートの時期に

刺激的なことが多い方と

 

現実に刺激的なことは無いけれど、

不思議なことや体調の変化が訪れやすい方や、

 

不安が強まる方、特に何も感じない方

上記三つの過ごし方別に記事をかけたら、

と思っています。

 

この時期は大切になさってくださいね^^

恒星の干渉があるという事は

飛躍のチャンスもあるのです。

これは地球に対する干渉ですから、

地球人全てにチャンスがあります。

 

f:id:maa147:20200805180158j:plain