男性心理専門カウンセラー・コーチ東上真澄の愛と幸せの仕組み

幸せと愛の心の創り、仕組みについて書いてます

男性特有の【責められている気持ち】

ごきげんよう

 

今日のカウンセリングセッションは

男性の特性についてでした。


男性は女性パートナーの

体調不良や不具合、不調、不平不満まで

目の当たりにしたり、

自分の事ではない

不平不満を言われたりするだけで、

 
【責められている】様な気持ちになります。

女性自身の寝不足すら、です。

 
何か言われると

【責められている】様な気持ちになる

人すらいます。

 

冷静に考えれば責められていない事は

分かるのですが、

この時の

男性はもう半ばパニックですから、

無理な話なのです。

 

こうなると男性は目の前の女性との

過去のやり取りを思い出し始め、

データ取りに縋ります(すが)。

あの時はこうでああだった、

でもこの時はああだけど、そうじゃなかった。

の、様に。。。

 

【責められている】事を

感じたくないですから、

イライラし出します。

このイラつきだけは自覚があるのですが、

本人は理由までは分かりません。

 

何故、

男性はこんな風に感じ易い生き物なのか?!

 

それは、この言葉によくよく表されています。

 

「お嬢さんをください、必ず幸せにします」

もしくは「幸せにする努力を怠りません」

と、

結婚前に女性側のご両親にご挨拶しますよね?

 

人権問題や男尊女卑の観点から

この台詞にアレルギー反応起こす女性いますが、

私は全くもって可愛げのないオンナだと思います。

屁理屈こねる訳ですよ。

男性がどんな思いでこの台詞を言っているのかも知らずにね。

知り合いにいるこのクソ可愛くない女性達はね、

見事にシングルです(笑)ばーかって感じですね。

絶対こんなオンナ嫁にしちゃいけませんサゲマンです。

 

話が逸れました(笑)

でも上記は大事な事なのでいずれ書きますね。

 

この台詞に表されているように、

男性は自分の籍に入ってくれる女性に対して

「幸せにしよう、

 幸せにしたい、

 幸せでいてくれ」

と、切ないほどの思って居るのです。

 

それは神聖な祈りに近いですよ。

 

とても女性パートナーの

「幸せ」に敏感に反応するのです。

笑顔にさせられているか否か。

これはとても

男性が気になる部分なんですよね。

 

男性が女性のもとを離れる時は

必ず「幸せにできない」

という気持ちが出てきた時です。

 

ですから責められている感覚の裏返しは

言い換えれば、オトコの

責任感です。

 

真面目で責任感のある男性ほど、

女性の不調、不良、不平不満に敏感です。

そして自分が笑顔に出来ていないと

不甲斐なさを突き付けられてしまうのです。

 

そんな感情に向き合うなんて

とても恐ろしくてできませんから

イライラするのです。

どうしてやったらいいんだ!!と。

 

殿方様、自信持ってくださいませね。

 

女性パートナーの不調や不満げな顔を見ていると

イライラ、ザワザワするのは、

貴方様がとても責任持って

目の前の女性を幸せにしようと考えているからです。

 

寧ろ女性パートナーの不調を聴いて

責められている感じがせずに

「そうなんだふーん」

と感じるなら、心の距離は遠いです。

 

でも殿方様、もうひとつ忘れずに。

同じように貴方を男性として

幸せにしたいと思って居る

女性パートナーなら・・・

無理をし過ぎて合わせてしまう傾向があること。

 

それは相手を思っての事なんです。

まだ、手探りの

距離感がつかめない浅いお付き合いの間は、

特に共感力をもつ女性の方が寄り添います。

 

寄り添い過ぎて

自分を見失う期間がやってきたりしますので、

その時のヒステリーには少し付き合ってあげて下さい。

 

自分を置き去りにしてしまった

悲しみを訴えているのです。

 

貴女に寄り添いたくて、

見失った自分を悲しく思って居るのです。

 

決して男性を

責めているのではないのです。

ここはね男女のすれ違ってしまう部分です。

 

男性が自身が無差別に

自分は責められていると感じる部分を

発動しやすい生き物であると

自覚があるだけで

男女のやり取りはもっとスムーズになると思います。

 

先ずは自覚を持ってみましょう^^

そして出来るなら自信をもって♡

f:id:maa147:20190601010235j:plain