男性心理専門カウンセラー・コーチ東上真澄の愛と幸せの仕組み

幸せと愛の心の創り、仕組みについて書いてます

女性は心から、男性は体から でも・・・

ごきげんよう

 

今日は、二名の男性クライアント様を

めちゃくちゃ窘めました( ̄▽ ̄)

私怒ると怖いです。

 

まぁ、

そういう星回りや

地球の次元上昇の関係で仕方ないのですが。

 

どうしても今時期は自分の

ウィークポイントが出やすいのです。

若しくは心の制限から来る、自分への不祥事。

例えば

「どうせ自分には愛される資格はないんだ」

という制限が潜在意識に深くあった場合は、

この制限に気が付かせてくれるような

出来事が起き、

その現実に自分が上記の制限をもって反応します。

するとずっと繰り返してきた

好ましくない出来事をまた引き起こす。

 

...これが起きやすい時期なんです。

 

何故なら、もうそれ要らないよって言われているから。

その制限要らないよってね。

 

 

今日の窘めた出来事は、

2名のクライアント様で

・女性への態度

・お金への態度

この二点です。

 

それぞれお二方とも一点ずつ。

 

先ずは女性への態度。

これね勘違いしている

男性多いのかも知れない。

 

女性は心を開かないと

カラダは開きません!

心を開く前にカラダを開かせてしまう関係は

続かないどころか

その女性はその男性を絶対に愛しません。

張りぼての「好き」は築けます。

でも愛情は得られませんから、

女性を抱いている恩恵は一切受けられません。

 

またそういう女性はサゲマンです。

 

女性の体はそもそも神聖です。

女性の許可を得ずに触れれば

恩恵どころか、

説明のつかない不遇に見舞われ、

最後は捨てられます。

勿論人生にも影響します。

 

ですから私は心が開けるようになるまで

絶対にそういう関係にはなりません。

男性を不幸にするからです。

(だけじゃなくてそんな男嫌だし)

 

女性の体は子宮があります

お宮があるんです。

膣は参道(産道)。

粗末にしては罰が当たって当然。

 

その罰が生涯愛情に恵まれないという

生きる屍同然の状態を呼びます。

(というか、そうなんですよ)

 

カラダを開けば

心も開かれると

思うのは

男性中心の考えです。

何故ならば、男性は女性に抱かれることで、

無駄な闘争心や傷ついた心を芯から癒すことが出来るから。

 

だから男性は

カラダを重ねると

心が開ける様になるのです。

 

でも女性から愛されたければ、

男女は逆の発想があることを

よくよく考えて行動しなければなりません。

 

最期に本当に一人になってしまいますよ…

 

ベッドインの意思決定は

実は女性が握っているのです。

 

抱いたらモノに出来るなんて、

お子様の発想。

 

一発☆ったからって

彼氏ヅラすんなっつーの、

とか言われちゃうわけですよ。

(こわ、、、)

 

それを

知らない男は三流ですよ。

で、一流なのに

それをしてこようとする

男性は遊び目的ですから

女性の皆様逃げてーーー !

 

お金の窘めたお話はまた次に致しますね。

長くなっちゃった。

 

こじ開けちゃダメー!

しっぺ返しは人生を

使ってやってきますからね!

女性には寄り添う事!

 

先ずは目の前の女性との

会話を楽しめる自分になって。

 

f:id:maa147:20180904022109j:image