男性心理専門カウンセラー・コーチ東上真澄の愛と幸せの仕組み

幸せと愛の心の創り、仕組みについて書いてます

コンプレックスの正体と活かし方

ごきげんよう 

 

コンプレックス
精神分析で、感情の複合。現実の意識に反する感情が抑えつけられたまま保存され、無意識のうちに現実の意識に混じり込んでいるもの。強迫観念や夢はこの複合が象徴的に現れたもの。特に、「インフェリオリティー コンプレックス」(劣等感)の略。
 
 
はい、いきなり
何なんだ、でしょうか?(笑)
すみません
 
皆様コンプレックスはありますか?
ありますよね…
そしてそれは自分であまり見たくないですよね。
自覚できているものですら、
感情を伴いますから、
気が付かない様にしてしまう、
コンプレックスの方が多いでしょうね。
 
そもそもコンプレックスですが、
劣等感という欠乏感を抱くものとは
ちょっと違う事に気が付きますか?
 
前文の説明にありますが、
感情の複合とありますね。
そもそも複合体という意味ですからね。
 

f:id:maa147:20180708145126j:plain

ごくごくシンプルに説明すると

人の心とはこのようになっていますが、

ココに集合意識体や超自我はちょっと脇に置いておきます。

 

 

無意識に在る

コンプレックスが強くなると

意識の中にある

自我を攻撃、干渉し、

自我から玉座を奪い、

乗っ取りをして居座ってしまうのです。

最たるものは二重人格であると

分析されています。

 

このコンプレックスが強くならない様に

私達は日々防衛措置を取っています。

これが投影です。

 

簡単に言うと

自分の無意識にあるコンプレックスを

人のせいにする行為です。

 

ユング心理学入門の著書

河合早雄先生は

このように述べています

以下抜粋

自分の内部にあるコンプレックスを

認知することを避け

それを外部の何かに投影し、

外的なものとして認知するのである。

実際「人間は皆、ズルイものですよ」と

主張する人が、非常にズルイ人間であったり、

「人間というものは結局薄情なものです」

と嘆く人自身、

あまり親切な人とは

言えないような場合が非常に多い】

 

これを知らずに使う人は多いです。

所謂逆説的な・・・

専門家から見ると逆説じゃないんですがね。

使った言葉が如何に

自分の身近にあるかという事の

証明になるのです。

 

実際カウンセリングをしていると

やはりこの部分にすぐに気が付きます。

『使う言葉は

   その方の人生を表す』

は、カウンセリングする人間側は、

合言葉です。

 

でも、

コンプレックスを人のせいにする、

人間は誰でもやってしまうものなのです。

どうしても自分の醜い姿を見たくないのです、

他人のせいにして逃げていたいのです。

が、

最終的なツケは甚大です。

 

この投影した事柄を

如何に逃げずに自分に引き戻すかが、

コンプレックスを

解消し豊かに生きていけるかの境界線です。

 

この時やはり非常に痛みが伴います。

嫌ですからね。

自分のコンプレックスと向き合うのは。

また、

無意識下のコンプレックスですから

嘘をつく。

無いと、自分に嘘をつきます。

 

ただ、逃げ続ければ

地獄の日々でしょう。

最終的に人生の最後は孤立無援。

若しくは同じようなレベルの人たちと

腹の探り合いをしながら生きていくことしか

選択肢は残されません。

 

信頼や愛とは程遠いところで

人生に幕を閉じなければならないのです。

 

やはり人間というものは

愛し、愛されたい生き物ですから、

自我が正常なうちは

コンプレックに乗っ取られずに、

向き合うことを選択するのだと思います。

 

 

このコンプレックスが

邪魔をして自我を見せてくれない

要するに自分が自分らしくいられない

という状態でお困りだったり、

自分にとって不都合な問題行動が起きると

カウンセリングをして行くのです。

 

・結婚したいのに出来ない

・自分の道が見つからない

・幸せを感じられない

・愛情が欲しくて卑劣な行動をしてしまう

・人からの承認が欲しくて

 犯罪に手を染めてしまう

・痩せたいのに痩せられない

 (心因性が強い場合)

・人を愛せない

・生きていても絶望感しかない

・人を疑う事しか知らない

 

 

まだまだありますが、

コンプレックスが自我を

乗っ取りをしてしまうと

元の人格に戻るのは相当に困難です。

 

周囲の

まともな人が離れてしまったと、

気が付いてからでは遅いのです。

(まあ、気が付ければ

 そんな事態にはなりませんが)

 

しかしコンプレックスは

自分に戻して考えて向き合えれば、

心の豊かさ、

ひいては人生に豊かさが生まれます。

この豊かさはどこにも売ってません。

自分のみが獲得できる

至上の豊かさ、幸福感です。 

 

コンプレックスは

誰のせいでもないのです。

確かに、

他人を見て、

自分のコンプレックスが刺激されることは

多々あります。

しかし、あくまで自分のもの。

自己責任です。

 

 

・人様を指さして、

「貴女がいるから私がモテない!!

   立場がない!」

(立場ってなんだ?(笑))

なんて、怒鳴って人を

怖がらせてはいけないのです(笑)

怖がらせた直後に

具合が悪いからタクシー止めて、

待っててね、と言ったにも関わらず

置いて行って更なる

恐怖を与えていいわけないのです(笑)

それらを

酔っていて覚えてないと、

虚偽発言を拡散して良いわけ無いのです(笑)

しかも

飲み会主催者が

お金を出してくれたら、

お釣りも返しましょう(笑)

泥棒です。

 

・自分の主催の飲み会から

離れてしまったからと言って、

逆恨みして

無いことを

言い触れていいわけでもないのです(笑)

使う言語によっては、

犯罪になります。

 

え?

具体例すぎる?(笑)

実話だったりします(≧∇≦)

 

いやぁ、

嫉妬 僻みって怖いですね!(^^)

無意識の

コンプレックスが刺激され、

意識の

自我をまんまと

乗っ取った良い例です。

 

まあ、要は

複合的に

感情の絡み合ったコンプレックスを

放っておいては

幸せとは無縁の、至福とは無縁の

人生が待っているでしょう。

 

でも、そこまで行ってしまう

心が可哀想だなって思ってしまいます。

 

もっと早い段階で

何故、

誰も気が付いてあげなかったのかなって。

 

これを読む 貴方は

手遅れになりませんように^^

 

コンプレックは上手に

扱い、人生を豊かに

ステップアップするための

道具にお使いください 

 

 

f:id:maa147:20180709004918j:plain

f:id:maa147:20180709004935j:plain