男性心理専門カウンセラー・コーチ東上真澄の愛と幸せの仕組み

幸せと愛の心の創り、仕組みについて書いてます

雪だるま式に増えるマイナス意識。本当に貴方のもの?

ごきげんよう

 

心の痛み、、、

皆様どのように扱っていらっしゃいますか?

 

過去のものでも、現在進行形のものでも、

未来の不安から来るものでも・・・。

 

 

例えば逃げてしまいたい

目を背けてしまいたい出来事ってありますよね。

 

況してや自分がとても醜い感情を抱いたら?

もう辛くて仕方のない状況になりますね…

 

逃げようとしても絶対追ってきますしね。

 

まずは自分がその出来事から逃げている間は、

「嫌だ嫌だ」の感情にフォーカスしてしまって、

実は必要以上に

更に気分を悪くさせてしまっていることに

まずは気が付いてください。 

そしてそのスパイラルから出ること。

 

逃げたい向き合いたくない出来事とこれで少し距離が取れるんです。

 

距離を置いたら次は 俯瞰です。

 

この時の俯瞰は自分を主役にして下さい

【自分はこの状況で叶う叶わないは

 別問題でどうしたら、

 どう在れたら好ましいのか。

 どのようになれば気分が良くなるか】

 

を徹底してビジュアライズしてください。

詳しく出来なくても

そこに浸っている間、

気分が良くなれば出来ていますので執拗にならなくて大丈夫。

 

この時叶わないという現実から来る

「仕方ない」や

「自分一人ではどうにも出来る訳ではない」などの

考えが浮かんできますが

これは貴方の思考ではありませんので

是非脇に追いやるために戦って下さい。

 

貴方の思考ではない。

集合意識体の中のマイナスエネルギーが

貴方に流れ込むのです。

 

これはね「嫌だ」

という強烈なマイナスエネルギーを発すると、

集合意識体の中にある

地球上の全人類から出されている(過去の分も)、

叶わないための言い訳の思考が溜まっている

タンクのようなエネルギー体に

アクセスしてしまうのです。

 

一旦嫌なことを考えだしたら、

雪だるま式に膨れ上がってしまうのもこのせいなんですよ。

 

だからね、嫌なことを考えだして止まらなくなったら、

あ、有史人類全てのマイナスタンクにアクセスしてしまった!

と考え直して。

 

自分のものとの区別がつきやすくなりますからね^^

慣れてくると違和感にすぐに気が付けます。

 

少し気分が変わってきたら、

向き合うことが出来そうなら、

大分冷静になっていますから、

本当に自分が絶望を

感じるほどに大事だったか、

検証してみてください。

 

この時も痛みが伴うと思いますが、

無理をしないで。

少しずつ進んでください。

 

(私はココで痛くても

 イマココの痛みをガンガン感じます(笑)

 だって、楽になるの早いから)

 

先ほど言いました、

有史人類全てのマイナスタンクとの

アクセスが分断されてしまえば、

本来の自分で物事に取り組めるので、

痛みが大分質が変わってきます。

 

そう、痛みを抱えているときのご自身の波動と

冷静に見つめて解決に迎えると思えた

ご自身の波動は違うのです。

 

痛みのまま解決の波動は出せないのです。

 

そして幾らかでも気分や波動が上がってから

解決に向かう行動をとらないと、

更に良くないことが起きてしまうのです。

 

だって痛みを抱えた波動で動けば同じものが共鳴してしまいますから。

 

この作業を少しずつ進めていくと・・・

不思議なことに作業前よりも

物の捉え方が大幅に変わり、解決云々よりも、

自分の立ち位置を変えられたことに気が付くはずです。

 

これが実は痛みを伴う出来事への

最初にする最善の努力なんです。

 

 

、、、と、言っても見えない心や気持ちの取り扱いですから、

きっと読んだだけでは難しいかもしれませんね。

 

一つ悪いことを考えた途端、

有史人類全てのマイナス思考タンクにアクセスしてしまって、

悪い考えが雪だるま式に増えている、、、

は、しっかり覚えていてください。

 

何かにつけて貴方の助けになるはずですから。

 

雪だるま式に増えたマイナスの

自分を痛めつける思考は貴方のものではありません。

 

切り離してね^^

 

 

f:id:maa147:20180313093039p:plain

f:id:maa147:20180313093104j:plain