男性専科カウンセラー・コーチ        東上真澄の 男の愛と幸せ

男性の幸せと愛生活、人生について書いています

お金の支払い方大丈夫?

殿方様 ごきげんよう

 

さて、、、

皆様お金の

お話お好きですか?

 

お金の話の種類にもよりますか?

 

じゃあ、

様々なお値段について

口やかましい

男性って如何かしら?

(男性コーチのブログですから、

 男性中心に書きます。)

 

 

お食事の値段、モノの値段。。。

みんなで飲みに行って、

「自分はそんなに

  飲んでないから割り勘は嫌だ」

という人。

もう誘いたくないですねー。

 

その空間を時間を、

楽しんだんじゃないの?

目で見えるものにしか

価値が置けないの?

 

寂しい人生ですね・・・

(まぁだから独りなんだろうけど)

飲んだ側から

言われるならまだしも・・・。

 

自分のことしか考えられないので、

平気でその楽しい場に

水を差せるのです。

 

 

こんな男性がいました。

「つまらない

    デートに◯◯円支払った。」

嫌そうに仰いました。

(私のデート相手ではありません(笑))

 

私はそれを聞いていて、

羞恥心ってないのかしら?

と即座に思いましたね。

小さいな・・・とも。

そしてこういう人の

恋人だけにはなりたくない、と。

 

解説するのも

嫌になる案件ですが・・・(笑)

 

こういう支払い方は、

嫌な形で

必ずお金が出ていきます。

必ず!!

この男性もやっぱりそうでした。

 

すべては自己責任

ということが

まるでわかっていないからです。

 

要するにつまらなかったわけですよね?

そこに対価を

支払ったことが嫌だったわけですね?

なんで俺が支払うんだ、と。

無駄だと思ったわけですね。

(あーいやだwww)

 

 

1. つまらない相手が来るってことは、

  自分が

        最高につまらない男だってこと。

  (相手が楽しめたか考えてません)

 

2. つまらない男ってことを

       隠すかのように

  最初のデートから

       高いランクの

       レストランに連れていく。

  (自信がないところを、

   形あるものでカバーできると

   大勘違いしている)

 

  (最初のデートで連れていかれても

   女性はドン引きです

   どんな裕福な方と

           お付き合いしても、です。)

 

3. 相手の女性が

       どんな風だったとしても(笑)

  女性としての自分が

  最大限美しく

        見える努力をしてきたことに

  感謝がない。

  (これ抜け落ちている

           男性多いです。

   わからない方は、

           10センチハイヒールで

   外出してください。

   あなたが女性にヒールの靴など

   望んでいないとか

          関係ありません。)

 

4. 自分の好みに合わなかった、

      楽しくなった

  (何様だ)

  (楽しみという自己主観を

   他人様に満たして

           もらおうとしている

 

5. 無駄と思っている。

  (無駄なのはあんたの虚栄心)

 

 

と、、、まだまだあるのですが

(あるのかっ!!w)

 

 

金を払ったんだから

「何か」なきゃ嫌だ

 

の「何か」を、

相手に望んでいるのです。

意味わかりますか?

 

究極的に

依存心丸出しの恥ずかしい人ですね。

下品ですねーーーーーー。

おお嫌だ・・・

 

価値を感じるのは

自分なんです。

価値を見つけるのも

自分なんです。

価値は与えられるものと

勘違いしている。

傲慢かつ怠慢です。

 

この対価に対する価値を

マイナスにばかり見つけていけば、

マイナスなことばかり起こります。

 

出したモノは還ってきますからね。

 

支払ったお金に対して

感謝をして

送り出していない。

それは、

お金の基本的な

エネルギー循環から

外れた行為ですから

出したものに相当した

「何か」は絶対に

還ってきません。

 

いや、還ってきます。

嫌々出した分の

嫌なことが(笑)

 

正直お顔立ちも貧相ですよ。

オーラも小さい。

 

 

あのね・・・

コンビニでお買い物するとき、

お金を支払うのだから、

品物が手に入って当然と思いますか?

 

一つの品物に一体

何社、幾人が携わっているか考えたことありますか?

・品物を発案

・試作

・パッケージデザイン

・パッケージ作成

・それぞれの工場で働く人々の賃金

・配送費、ドライバー人件費

・陳列、レジ打ちの人件費

・商品維持の電気代

 

などなど・・・・・

まだまだあるかもしれませんし、

簡略されているかもしれません。

 (私は小売や流通のプロじゃありませんから、チャチャを入れない様にw)

 

これらにあなたが

コンビニで手にする

商品の代金に乗ってますね。

 

それらに感謝をして支払ってますか?

どんなにお金を持っていても、

これらの方々がいて下さらないと

商品を手にすることはできません。

 

レジだって打っていただかないと、

持ち帰れません。

 

そういうことを考えている方は、

お金に好かれます。

 

実際、証券会社で働いてましたし、

資産家の方ばかりに

囲まれて来たので、知っています。

お付き合いしてきた方々もそういう方が多いです。

 

彼らは

感謝できるものに

喜んでお金を支払います。

 

その代わり、感謝できるものを

見極める目はしっかりしています。

これは他人の目や

評価ではありません。

 

如何に自分が

感謝できるものか、

をよくよく

見極めるのです。

それは自分を

よく知らないと、

見極められないのです。

 

 

先ほどの男性の例でいえば、

 

高額を支払ったが楽しくなかったな…

なんでかな?

    ⇩

見栄を張っちゃったかな?

    ⇩

  何故だろう

    ⇩

 自分に自信がないから

   相応しくもない装飾したい

 大きく見られたい

 

 

人からどんな評価を受けられるか、

で生きてますから。

自分の人生すら面白くないわけです。

 

自信はないわ、面白くないわ・・・

もう…ねえ(笑)

 

 

とにかく、お支払いをするときは、

感謝をして、

「行ってらっしゃい」と心の中で

思ってみてください。

 

お金も生きてます。

かわいいかわいい

お金を人からの評価だなんて

つまらない使い方で

殺さないでください。

 

それは自分に対する暴挙でもあるんですよ。

それについてはいづれまた。

 

女性はどんな時も

支払い時に感謝で

お金を送り出せない

男性をケチと感じます。

 

お金もそんな人は嫌います。

寄り付きません。

入って来ても出て行きます。

 

生き方、貧相この上ないですよ。

 

 

今日から、

一円でも感謝して

支払ってみてください。

「何か」還元されますし、

イイ男街道の基本のキですから。  

 

 

注意:この記事は男女間は

   男性が支払いをしなければ

           いけないのか?

   に論点はございません(笑)

   まったく・・・・<`~´>

   

 

大丈夫?

f:id:maa147:20170501234323j:image