読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性専科 自己志向コーチ 東上真澄の 男の愛と幸せ

辛口かな?でもたくさんの愛を込めてます❤️

私が男性専科なワケ 2

愛すべき男性諸氏の皆様

ごきげよう😘

 

 

以前にも少し触れましたが、、、

私が女性として男性専科でいる理由。

 

一番大きな理由はね、

です。

 

7人兄姉の末っ子だった父。

一番上の兄とは腹違いです。

父の父、私の父方の祖父は、

私の父が17歳の頃に他界。

 

末っ子故に可愛がられた、、、

とは反対の人生で。

父の母、、

私の父方の祖母は昔ながらの

【ご長男様贔屓】

しかも露骨だったようで…

 

腹違いの兄はさっさと養子に出されました。

末っ子の父も今の三笠◯館に養子に出る話もあったくらいでした(・_・;

 

私の父にとって

仲の良かった温厚な父親は17歳で

他界。

母親は長男以外は見向きもしない。

要は昔ならではの自分の老後を考え過ぎての行動ですね。

 

兄姉仲も悪く、

荒んでいたそうです。

 

そう、

私の父はアダルトチルドレンです。

 

母の愛情が欲しくて欲しくて、

裏切られて裏切られての人生です。

 

彼の人生は荒れ放題です。

 

そんな父が選ぶパートナーは…

やっぱりアダルトチルドレンです。

 

乗り越えてませんから、

同質を選びます。

 

 

夫婦の愛情クレクレ戦争

夫婦の覇権争い……

まあ、良くやるな…です(笑)

 

そんな夫婦から生まれた私も

アダルトチルドレンでした。

 

アダルトチルドレンの子供は

アダルトチルドレンです。

親がこの負の連鎖を断ち切る行為をすれば、別です。

 

しかしこの負の連鎖を断ち切るべく

私は向き合いました。

死ぬかと思いましたね(笑)

その境だって経験しました。

だからこそ私の娘は、、

アダルトチルドレンの要素は

はっきり言ってゼロです。

親だからそう思いたいんじゃない?

なんて邪推、要りません。

自分がそういう状態、症状であると

気付き向き合い負の連鎖はココで私で断ち切ると強い思いがあれば、続きません

私、逃げない性格ですから(笑)

もし片鱗を見つければ対処します。

いや、対処してきました。

これから先も頑張って行く所存です。

命かけて。

向き合いに寄り添ってくださった

お師匠様、

これまで鏡の役割の為に

出会ってくださった皆様。

感謝しても、しきれません。

 

 

話は逸れましたが、

私は幼い頃から、

両親の胸の内を

聴き続けていました。

 

アダルトチルドレン故の、

父の破天荒すぎる行いも、

アダルトチルドレン故の、

母の驚く様な残酷さも、

聞いてきました。

 

その時、

私がシンパシーを感じたのは

父です。

 

溺愛されていたことも理由として

多分にありますが❤️(笑)

 

 

私は覚えてなくても、

私の一言で、何度も命を立て直した、

自殺なんか馬鹿馬鹿しいと思えたそうです。

私は止めたことはありません。

娘可愛さで思い留まった訳でもありません(笑)

(これは大人になってからの話です)

 

父の幸せってなんだろう。

男の一生ってなんだろう。

男の幸せってなんだろう。

 

 

ずっと思案してきました。

話を聞きながら、

泣きながら話す父を見て。

(父の闇は深かったです。

            ヒステリーだし(^^;;  )

 

38年間続けた結婚生活にピリオドを打つときも、私は側にいました。

両親の離婚の全てを請け負いました。

実家の売却も含め。

 

やっぱりその際も、両親を

カウンセリングしてる訳です。

プロではありませんでしたが、

この時既に、

大学の心理学科を卒業してました。

 (因みに卒論は

 『これからの新しい男性性』

                                でした(笑))

 

民間の専門学校でカウンセラー技術として、上級カウンセラーを取得済みでもありました。

 

心理構造を両親で

生の標本で見ていましたね。

 

 

ですから、

 

女性よりも

男性の方が

幸せを見つけにくい性質が

あること、

 

従来の男性像だけでは

対処出来ないほど多様性を含んだ

性教育が必要なこと、

 

男性こそ愛される側に回らなければならないこと……など

 

常に男性の生きる幸せを

真剣に考えていたのです。

パートナーシップも同じ位、

考えて来ました。

 

 

話は変わりますが

私はハッキリ言って

あげまん気質です。

体質です。

 

男性の幸せを真剣に考える癖がついているから、付き合う男性が上がるのは当たり前なんです‼️

(だからと言って

    自己犠牲は一切しませんよ。

    寧ろ……我儘です    (^_^;)

    まぁソレ以外にも

  アゲな理由は幾らでもありますが 💕 )

 

 

最近は付き合わなくても

人として大切だな、

と感じる男性友達にまでも

あげまん気質の影響があります。

1人2人じゃありません。

 

 

だからクライアントさん選びは

慎重にしています。

エネルギーフィルターもかけてます。

 

 

 

 

 

そうそう…

一番気がかりな父は

いまや20歳年下の奥様と

結婚5年目です(笑)

 

彼のいま現在の口癖です。

 

『俺は幸せだ〜❤️

   毎日幸せだ〜❤️』

 

 

( ̄ー ̄ ) まったく…(笑)

 

 

 と、いう経緯から

かな〜り端折ってますが(笑)

 

無知により、

幸せになりたーい

男が悪いのよー

愛を頂戴ー

と、ただ馬鹿みたいに

のたまわる女性より、

 

 

私は、

立ち止まってしまったり、

塞ぎ込んだり、

自分を騙し続けたり、

最悪死ぬまで我慢し切れてしまったり(男性には多いです)

抱え切れずに自虐的に生きたり、

感情が怖くて暴力的になってしまったり…

 

そんな男性に幸せを考え、

感じていただきたいのです。

生きていて幸せだと。

 

 

そして、上記の様な馬鹿女を

レディに変えてしまえるほどの

男性を排出して行きたいのです。

 

女性も必死で下女から抜け出そうと

様々なセミナー、セッションを

受けられている昨今。

 

男性も居るだけで、

存在するだけで、

愛され、尊重される紳士に……

 

父として大事にされるのも、

尊敬されるのも、

 

男として一目置かれるのも、

 

人間として男として

幸せを感じる人生を選択したい…

 

自身の在り方を変えることは

いつからでも可能です。

 

 

それを知っているから、

男性専科なのです。

 

また男性は女性の方が話しやすく、

カウンセリング効果が

出やすいのです。

(コーチは別でしょうが)

それについては以前お話しました。

男性専科な理由 - 男性専科カウンセラー・コーチ 東上真澄の 男の愛と幸せ

 

 

 

私が男性専科でいる理由の一部を

お話しました。

あー長かった(笑)

 

お読みくださり、有難うございました。

 

f:id:maa147:20170303153348j:image