男性専科カウンセラー・コーチ        東上真澄の 男の愛と幸せ

男性の幸せと愛生活、人生について書いています

女性の毎月の波乗り 身体編

前々回かなり人気記事だった生理に纏わる女性の精神編。

ありがとうございます?

 

ですので……お約束通り、身体編を。

 

精神面であそこまで自分を責めたり、

落ちたり、攻撃的になったりと、

プチ躁鬱に近い状態になりますから、

身体だって、かなり辛いですね。

 

まず私が

月経前症候群(PMS)に入ったな?

と気がつく前兆は……

いやね、言っときますが、

前兆に気がつけた月はラッキーです。

気が付かずにドップリはまってから

「あ!」と気がつくパターンだらけです。

そうなったらあとの祭り。

その月は翻弄されて終わり。

 

あとね、全て私の場合ですから。

女性により個人差がかなりあり、

また、同じ人間でも年齢や

出産後に変化する人もいます。

 

 

で本題。

前兆は、、浮腫かな。

うん。朝起きて四肢と顔が浮腫んでる

これは生理に近づくにつれて酷くなります。

歩くのが痛いくらい浮腫ます。

 

 

次が

味付けの攻撃的に濃いものばかり食べたくなります。

甘さも、辛さも、塩辛さも攻撃的。

そして満腹中枢がぶっ壊れたのか?

という位、食べます。

食べ続ける、が近いかな。

(これは精神面の変化について行きづらい月に良く起こるので、ストレス性過食かも知れません)

 

あ、お酒の良い方も違いますよ~

生理が近いと確実に悪酔い。

 

生理前は2キロくらい体重が増加します。

 

 

続いて眠気。

これも生理が近づくにつれて酷くなります。

酷い時期に近づくと、

眠いのに眠れないという状態に。

で、昼夜逆転生活に徐々に移行します。

 

 

倦怠感

言わずもがな。

が、男性には何がわからないかというと、全身全霊をかけて生理を起こすので、この時期、体力の殆どを生理を起こす事柄に持っていかれてしまうイメージです。

 

 

何故か、乗り物酔い。

もともと三半規管は弱いので

弱い部分が出やすいのかも知れません。

 

 

肌の荒れ。

これは月によってまちまちです。

大体脂ギッシュになります(笑)

時に唇がガッサガサになってしまうことも。もうビックリ。

 

髪にコシが無くなるのも生理前一週間位ですね。

ただ、これは本人しかわからないレベルかな。

もともとコシなんかない猫っ毛ですから。

 

 

胸痛。

乳房痛ですね。

サイズアップするので、痛みがあります。走っても痛い。

 

 

歯痛。

これも月によってあったりなかったり。

意味不明に感じるでしょ?

あるのよ。

歯茎が腫れることも!

 

 

免疫力が落ちる。

こんな時にインフルエンザが流行ってたら大変です。

私は喉が弱いのでPMS時期は大体喉痛いです。

 

 

寝汗をかく。

これも年に4回くらいかな。

意地悪なオバサマはすぐに

「更年期じゃない?」

と詰め寄ります(笑)

いっぺん死んでこい、です。

毎年子宮の検査に行きます。今年も行きました、まだ産めるくらい元気だそうです。

全く余計なお世話じゃ。

(このあたりのナーバス感もいつかセミナーやりましょうね)

 

 

頭痛。

私はこれは、あんまりありませんが、

ある時はあります。

頭痛てか、頭重感です。私は。

 

 

肩凝り。

血行不良によるものか。

比較的生理数日前になるかな。

痛いです。鉄板入ったみたいになるから。

 

 

 

眩暈。

儚いイメージの眩暈ではなく、

床に這いつくばらないと、

倒れる眩暈です。

これは二年に一回あるかないか。

私はね。

 

 

 

腹部鈍痛。

重ーい痛みです。

私はこれ、あんまりありませんが、

時々あります。

 

 

 

腹部鋭痛。

帝王切開術後がビリリと痛むことがあります。

が、長くは無く大体1~2分で済みます。これが一週間は続くかな。

 

 

 

不整脈

もともと不整脈はある体質ですが、

日常生活には全く全く支障ありません。

PMS時期になるとむせ返るような不整脈が起きることがあります。

痛くも痒くもありませんが、はっきり言って迷惑です。

 

 

 

あと、理解し難いかも知れませんが

卵の殻に包まれているような、

ボンヤリした感覚が体感としてあります。

え?意味不明?

 

外界と自分の間に卵の殻があるみたいなんですよ。

外側で起きていることに鈍感になる、というか。

傍から見たらボーっとしてるようにみえるかな。

全てのアンテナが鈍いというか。

かと言ってこの時期の直感霊感の研ぎ澄まされっぷりには驚かされたり。

 

 

あとは身体編じゃないかも知れませんが、

鏡を嫌いになる。

生理前の自分ってこんなにブスだった?

ヤダー凄い不細工!

と、映る。

私だけかな???

だから外出を避けたくなる。

テンション下がるから。

でもね、これ、、、、

自分だけがそう感じるだけで、

他人様は何言ってんの?です。

 

だから女性パートナーが

このあたりをナーバスになったら、

要注意。

勘の良い方はわかったかな。

いつも通りの褒め方は地雷を踏みかねない。

です。

キャ───(*ノдノ)───ァ

こわい。

 

女性は妊娠出産時に言われたこと、

された事は忘れ無いという話は有名ですが、実は生理前の症状が酷い女性も、PMS時期に言われたこと、された事は忘れません。

 

 

このあたりは男性の皆様、

経験あるんじゃないかなー?

 

いずれ、セミナーやりますか。

 

生理前と通常時の地雷のありか

 

ありか、とかカッコイイ響きだ。

 

その前に

女性の地雷のありかを教えてくれって悲鳴が聞こえますがね(笑)

 

 

話が逸れました。

 

大体書けたかなぁ、と思うのですが。

 

でも漏れもかなりあるかも知れない。

だって、毎月違うから。

 

 

私達女性は毎月半月はコレとの戦いです。

戦いなんて呼ばなきゃいけないなんて悲しいです。

だって、戦わないと今の社会制度から外されちゃうんだもん……。

 

だから私達は自分のカラダが起こす、

自然界の流れと戦います。

我慢して、抑え込みます。

 

 

どうしたら、私達女性が

社会から追放されずに、

自然界の流れに沿って女性らしく

性を大切に出来るか……

 

男性の実行力溢れる発想に

助けを借りたいなと、

この頃感じるのです。

 

女性は女性の出来る範囲、

考えられる範囲でいっぱいいっぱい

やってます。

 

どうしたら、男性が作り上げてくださった社会制度の中で私達女性は活かされますか?

社会制度そのものを覆す?

 

実は企業のトップ、幹部、管理職は

女性社員の使い方、扱い方に

ホトホト困っています。

わからないから。

 

そんならオンナは引っ込んでろ!

と、再び女性を社会から引き離すのはもう時代錯誤の古狸。

お前はもう死んでいる……

f:id:maa147:20160929222641j:image

ケンシロウさんご登場ありがとうございました。

 

だって男性ありきの男性社会の崩壊は

とっくに起きたじゃない。

一線でご活躍の方ほど痛く感じてらっしゃるでしょう。

末端は知らんが。

 

男性が女性性を理解する時代が来たのですよ。

優劣無く、違いを認め合い

手を取り世界を創る時代が来たのです。

 

私達はそんな新しい時代の流れにいるんです。

 

話は逸れましたが、

貴方がたが誕生した仕組みを知る事に、

損は無いはずです。

知れば今までの女性の愛し方に更なる大きな愛が注がれ、自分の男としての器が広がる感覚を味わえるはずです。

 

幾らビジネスや自己啓発を頑張っても

超えられなかった壁はコレが?

と、なるでしょう。

 

と、話が広がりすぎたので、

今日はこのへんで。。。

 あ、

言っときますが、

パートナーだけじゃない、

貴方がたの大切な娘さんだって、

経験することなんですよ~。

その時お父さんが恥ずかしい事じゃないと、真剣に娘が向き合っている自然界の流れについて理解があったら、、、

将来の男性選びで失敗は少ないでしょう。

 

 

 

以上、

女性の毎月の波乗り 身体編でした。