読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性専科 自己志向コーチ 東上真澄の 男の愛と幸せ

辛口かな?でもたくさんの愛を込めてます❤️

完全・完璧なオトコ?

愛すべき 男性諸氏

 

ロシアの劇作家で、

短編作家のアントン・チェーホフ

女は男の失敗を許さない。

女は常に完全な男性を要求する。

という言葉を残しました。

 

心当たりのある方、いらっしゃるかしら?

それとも沢山、許してもらって来た?

 

そもそも女性に

とって完全な男性って?

 

  • 女性を喜ばせる事を知ってる男性?
  • 女性の扱いが分かる男性?
  • 友情より女性を優先する男性?
  • 仕事が出来る男性?
  • 仕事を愛してる男性?
  • 全て自分で出来る自立出来てる男性?
  • 面倒臭くない男性?
  • 稼ぎが良い男性?
  • 頭が良い男性?
  • 優しい男性?
  • ルックスの良い男性?
  • 人として欠点が見つからない男性?
  • 女心がテクニックじゃなく心底

        分かる男性?

最後のは… 当たりですが(笑)

居たら会いたいもんです(爆)

ノンケでね(笑)

絶滅危惧種並みにはいますけどね、ええ。

魅力的かは別よ。

 

 

これね、

男性と女性ではかなり違う

意見を持つと思います。

 

 

先に挙げた黒字の部分が

全て当てはまったら

どうなるかご存知ですか?

 

え?モテまくりだろ?って?

 

あー、いや、

間違いなく、

交際も結婚も長続きしません。

最初だけ、です。

キャーキャー言われるのは。

 

逆に、

こういう白馬の王子様的な生き物に憧れる女性は稚拙そのもの。

まあ、経験無いから欲しがるんですが。

男性がどんな生き物が知りませんから、

男性諸氏、苦労しますよ〜。

(少し安心しましたか?(^-^))

 

 

先に挙げた様な男性を

超自立男性…と称される様になって久しいですが、超自立男性は女性が追いかけたくなる男性ではあります。

スペック高めですからね。

が、続きません。

 

何故か。

 

それは、

愛させてくれないからです。

 

 

女性は男性を愛したいのですよ。

ブログタイトルにもある様に。

 

確かに女性は年がら年中、

「愛されたい!」

「愛されてる実感が欲しい!」

なんて、のたまわってますが、

同じくらい、愛したいのです‼️

本能ですから💖

 

 

愛される事ばかりに執着する女性は

男性からみたらサイコパスですから、

気をつけましょう…😱

は、言い過ぎですが、

強いトラウマや気持ちの上でブロックがあるのは確かです。

色んな事情があるのでしょう。。。

本気なら…専門家を頼るのがオススメです。

愛される事に執着するのは、

本人にとっては苦しいものですから…

見守りましょう。待ってあげましょう。

「俺の愛でなんとか!」なりませんから。

間違ってなんとかなったとしても…

どエライ時間がかかります。

それは時間薬かもしれませんしね。

 

 

話が逸れましたが、

女性も、愛したいのです。

 

ただし、

男性の愛するとはまるで違いますが。

 

先に述べた

完全な男性は、完璧な男性は、

女性に愛させる隙がないのです。

「あなた、私居なくても大丈夫よね」

と、なります。

 

男女逆パターンも良く見かけますね。

それぞれがそれぞれの役割を

奪ってしまっている状態です。

これはステレオタイプの男女像には一概に当てはめられませんが。

 

自分が欠けていると思う欠点こそが、

実は相手の居場所になり得たりするのです。

 

それこそがパートナーシップ、

家族をつくる原点です。

 

だからこそ、

正しく、

女性から

愛されてみてください

 

男性の所謂成功者たちは、

実に正しく、

女性から愛されています。

故に、

仕事でも

たった独りのハングリー精神では

越えられない壁を

超えられるんです‼️

 

女性という性のチカラで。

 

この世界、

知りたくありませんか?

 

 

 

 

来月、

男性限定のお茶会を少人数で開催したいと考えてます。

場所は都内某所にて。

場所はお申し込みの方にだけご連絡致します。

 

男性だけですから、

女性への聞き辛い疑問、不思議、

存分に話してくださいね。

私がお答えする形のお茶会になります。

他の男性が抱えている疑問や問題に耳を傾けてみるのも、

素晴らしい経験になるかと存じます。

何より、私が居ますから、

男性同士の茶化した話では終わりませんから(^-^)

 

日程の告知は明日致しますm(__)m

 

 f:id:maa147:20160908083608j:image

 

 f:id:maa147:20160908083638j:image

 ↑

悪くないと、、、思います(笑)

 

あ、

甘え腐ってヒモになれって

記事じゃありませんから悪しからず(笑)