男性専科カウンセラー・コーチ        東上真澄の 男の愛と幸せ

男性の幸せと愛生活、人生について書いています

どうなりたいの???

ごきげんよう

 

 

先日新規クライアント様とご契約させて頂きました時に、

ご質問を頂きました。

 

「この状態からでも

 夫婦なら

良い状態になりますか?」

 

結論から言いますと、なります。

可能です。

今の状態より良くは、なります。

 

が、私も質問します。

 

「貴方の仰る、

 《良い状態》とは

どんな状態の事ですか?」

 

皆様、大体明確な答えは出ません。

答えられないのです。

 

それもそのはず、

良い状態の夫婦なんて知らないから、

今の状態に陥っている訳ですよね。

 

ですので、頑張って出したお答えは非常に

薄ぼんやり(-"-)

せいぜい、

憧れの人をあげる程度。

 

が、もうひとパターンあります。

 

これは非常に女性に多いのですが、

「相手が悪い、

相手を変えてほしい。」

 

まあ、この回答に女性が多いという事態、

勝手なイキモノなんですよオンナってやつは。

え?私もオンナだって?そーなんですよ(笑)

 

 

男性にもいるにはいますが、

やはり女性よりは少数です。

 

男性の場合、鷹の目

(広域を見渡す俯瞰した物の見方)が

ある程度備わっていますので

(じゃないと家族を養えませんから)

相手のせいだけではない、と必然的に知っているのです。

また男性の方が非常に控えめに仰います。

 

恥だと思っている訳です。

自分が携わっている状況を相手のせいにして話すことを。

 

そう、男性の方が実は恥じらいがあるのです。

(少ない方は女性性が高い男性です)

 

 

ここで脱線しますが男性に鷹の目が備わりやすいのは、

女性と違って、体が安定しているからです。

女性は逆に蟻の目と言います。

細部に渡って近々がよく見えるのです。

女性は一か月にホルモンの関係で4回も体に変化があり、

それに準じて個人差あれど、心も変化しますから。

鷹の目は意識的に持たないと持ちづらいのです。

男性は蟻の目が持ちづらいのです。

コレ、優劣はございません。

性質ですから。

(これだけでも男女は違いますね~~)

 

 

話を戻します。

 

カウンセリング・コーチングで、

特に私は望みまでお連れする

コーチの色が

濃いセッションをしますから、

クライアント様が明確な

「こういう夫婦になりたい」が

わからないと

お連れできません。

 

では何をするのか。

 

一体どんな夫婦像を

自分が望んでいるのか明確にする作業をします。

これをやっている間に、

クライアント様の内面で大変な変化が起こります。

 

向き合いたくない事柄も出て来ます。

でも、一人では心が痛むので

絶対逃げてしまうこの作業も私がお傍にいます。

一人ではありません。

一人にはしません。

 

本を読んだり、

専門家のいうことを聞きかじり

自分で試してみても何一つ変わらないのは、

一人では逃げていることにも気が付かないくらい

巧妙に自分に【嘘】をついて、

向き合うべき問題達から逃げてしまうからです。

 

人は自分に気が付かれないように、

本当に巧妙に嘘をつき、

痛みから逃げようとする性質があります。

“忘れる”という行為もそうです。

実際人間も動物ですから、一度記憶したことは

忘れないようにできています。

忘れてしまうんではありません。

 

思い出したくないんです。

苦しいから、

辛すぎるから・・・

巧妙に隠して

自分を守って

いるつもりなんです。

 

その蓋を開けてしまったら、

どうなってしまうか分からない。

分からないことは人間怖いですからね。

 

況してや男性は、感情を感じたくないですから・・・

 

しかし、逃げているうちは・・・

現実が変わらない。

 

しかし、しかし!!

いわば外科手術を心に施す訳ですから、

素人が一人でやったら、、、大変です。

 

大事な、

大切な自分の一度きりの人生です。

 

貴方は幸せになるために、

愛を知るために

生まれてきました。

 

残りの人生、この手術を受ければ、

楽に豊かに自由に幸せに生きていけるのなら・・・

 

と、皆様、ご決断されるのです。

 

 f:id:maa147:20170531124512j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クライアント様の努力の証

ごきげんよう

 

今回はクライアント様に嬉しい進捗が見られましたので

書いてみようかと・・・

 

昨年夏から鬱病と診断され、休職中のクライアント様

 

今年の2月からカウンセリング・コーチングを進めてきました。

 

本来は病院に通院の方はお受けしておりませんが、

実際お電話でお話させて頂いて判断をさせて頂きお受けした次第です。

 

ご本人の問題点として、

ご両親様との確執に向き合って頂き、逃げずにクリアにしていきました。

本当に頑張られたと思います。

 

すると、一人でご実家に帰ることすら苦痛で出来なかったのに、

一人でご実家に帰りきちんとご両親様と関係を築き直したのです。

 

一週間ご実家にいるのももう苦痛でもなんでもなく、

心地よく過ごされるまでになりました。

 

ご両親様にも変化が見られ、

クライアント様が欲しかった、

世間様よりも我が息子が大事である、

と態度で示してくださったり・・・。

 

努力され、現実にミラクルを起こしてきました。

 

 

先月時点で掛かりつけ心療内科より、

7月1日で復帰を言い渡され、

本日は心療内科より薬の量をかなり減らされてきました。

 

以下 本日頂いた報告です。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

抗うつ剤が半減と

不安感の薬が無くなりました。
真澄さんの

カウンセリングの

お陰だと感じました。
本当にありがとうございます。
鬱が確実に回復していると

気付きました。
☆☆☆☆☆☆☆

 

クライアント様の努力です。

ひとえに

クライアント様の努力なんです。

 

 

私はご本人の巧妙についている、

顕在的な本人も気が付かない

[嘘]を暴きます。

ですから、ついてくるのは大変な努力が必要だったはずです。

 

きつく辛かったかもしれません。

でも、決して一人にしませんから。

 

 

ご両親との愛情の交流、

それにより如何に自分が自分で何も決めずに来てしまったか、

何を感じて生きてきたのかが不鮮明だったことなどに

一生懸命気が付いてくださいました。

 

 

東日本大震災の時、仙台駅にいたクライアント様。

お話も伺いました。

壮絶な地獄を見ていらして・・・。

「よく生きて帰ってこられましたね」と心底思いました。

 

生きることを漫然として来てしまった。

 

今は自分の五感が何を感じているのか、

それにより、心はどうか・・・。

 

きちんと感じられます。

 

復職にむけて、整えていきましょう^^

 

 

本当に嬉しいご報告ありがとうございました。

 

f:id:maa147:20161018082402j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性の笑顔好きですか?

ごきげんよう

 

殿方様、

女性の笑顔好きですか?

 

好きですね(o^^o)

そりゃ。どうしようもなく、ね。

 

 

クライアント様で

こんな方がいらっしゃいました。

 

中学時代の女子クラスメイトが

クライアント様でとは

別々の部活動をグラウンドで

していた時、

目が合ったそうです。

 

その時、彼女が微笑んだ…

その笑顔以上の美しい笑顔は

何十年経っても見たことが無い。

 

クライアント様は別段

このクラスメイトの女子に

特別な感情は抱いてません。

が、それでもこの威力です‼️

取り立て美人でも

可愛いマドンナでもない。

 

こんな経験、

皆様もありませんか?

 

女性の笑顔のチカラに、

どうしようもなく、

降伏した瞬間…

 

殿方様方からしたら、

女性のあなたにだけ向けられた笑顔って

何物にも代え難く、

何物も敵わない気さえして来ませんか?

 

男性は

女性に微笑みかけられると

無条件に

「自分は認められている」と思い安心し

とても嬉しく

思うそうです。

 

それも、しっかり目が合い

自分のみに注がれた

エネルギーでの笑顔✨✨

コレに尽きますね。

 

女性は男性に笑顔を向けられても、

無条件にこんな感情は湧きません。

(諸条件があれば別ですが。)

 

それだけ男性にとって

女性の笑顔は

絶大なるエネルギーとパワーがあり、

何十年経っても記憶に残るのです。

 

しかし、当の女性は

自分の笑顔にそんなチカラがあるなんて露ほども知りません。

 

作った美しい笑顔でもない、

楽しそうに見せただけの

クシャクシャの笑顔でもない、

目が笑ってない笑顔でもない…

 

 

ほんの一瞬の、

「あっ…✨✨」を共有した笑顔。

 

これにこそ男性は

その瞬間、

丸々の自分の存在を、

居ることを、

認識してもらった

安心と喜びに包まれる訳です。

 

その時だけは二人の共有です✨

 

それだけの一瞬に男性は

それだけの汲み取りをしてしまうほど

本当に繊細だと、思いました。

 

そんな一瞬を胸に大切にしまい込んで

時折そっと出して見る…

その瞬間の「居る」ことを

自分だけに向けられた

赦しにも似た感覚。

 

 

男性の認められたい、

欲求は本当にガラス細工の様ですね。

 

自分にそんな笑顔を注いでくれる

女性がいたら…

手放したくないですね(o^^o)

 

そんな女性を見極めて下さいね。f:id:maa147:20170528151226j:image

 

 

 

 

 

 

まずは無料ガイダンス❤️

 

無料ガイダンス🌹
個人カウンセリング・コーチングの

前に、
カウンセラー・コーチである

私を知って頂き
貴方様との相性をお確かめ下さい。


カウンセリング・コーチング期間内の
大まかな進捗や

カウンセリング内容についても

ご説明いたします。

 

その他のご質問なども、承ります。

 

無料ガイダンス申込・質問↓
無料ガイダンス申込

 

ソレ愛情?

ごきげんよう

 

殿方様、女性を愛したことございますか?

唐突になんだ、ですか?

じゃ、質問を変えましょう。

 

パートナーのいらっしゃる方、

パートナーがいらっしゃらない方は、居るおつもりで、

もしくは、居た時のことを思い出してみてください。

 

殿方様、

その目の前、

女性愛してますか?

本当に???

 

愛していると錯覚している方は非常に多いとだけ、

結果を先にお伝えしておきますね。

 

本当に愛情でしょうか?

それとも執着でしょうか?

 

じゃお聞きしますが、「愛」って何でしょうか?

 

答えられますか?

自分の愛情の形ってご存知でしょうか?

それも知らないで、目の前の女性を愛していると言えますか?

 

男性は、時間とお金をかけた人や物事に強い強い執着を持ちます。

それが妻だったり、彼女だった場合。

 

非常に100%に近い確率で

「愛情」と勘違いします。

 

そして以前の記事でも申し上げましたが、

男性と女性の結婚への決意の重圧の違い

重さ軽さのちがいをお話しました。

 

男性は、女性に愛を誓っているのか、

この目の前の女性を死ぬまで自分の出来うる限りの力で

幸せにする、と自分に誓っているのか区別が正直ついてません。

 

圧倒的に後者が多いです。

特に日本の男性は。

 

え?後者も女性への愛情の形の一つですって?

 

本当にそうでしょうか?

 

それって、ペット飼う時も同じ事感じませんか?

 

もちろん命の時間のスパンは違いますがね。

手間も時間もお金も労力も精神的負担も

ペットなんかよりもパートナーのほうが

更に更にかかりますが。

 

         ↑

はい、ここ。

先述しましたね。

男性はこれが生じると、強い強い執着を生みます。

 

愛ではありません。

バカ女はこれを「愛情」と勘違いして、

永ーーいこと拘束され、突然放り出されたりします。

 

ですから、質問したのです。

目の前のその女性、本当に愛してますか?

それ、本当にあなたから湧いてきた愛情で接してますか?

執着、依存でしかない、可能性を疑ったことは?

 

私のクライアント様で、過去こんな方がいらっしゃいました。

 

「妻の悪いところは見たくない。

 好きで居たいから。

 嫌いになりたくないから。」

 

なんて愛されていない奥様なんでしょう。

 

でも強い執着を愛情とご夫婦で勘違いされてましたから、

なかなか気が付きません。

 

上記のセリフ、ご自身が何を言っているのかも

当時は理解できていなかったでしょう。

 

こうなると男性の取る態度は、、、

僕が加害者で、

僕が妻に嫌いというところを直せば、

うまくいくんだ・・・・・になります。

 

そう積極的に加害者のポジションに座りたがります。

 

これほどまでに、

自分が選んだ結婚相手を実物を見ずに、美化したいわけです。

 

そう、

美化する必要のある、

愚妻だから( ゚Д゚)

 

 

男性にとって結婚は一大決心の場です。

家を買うより怖いこと。

人を一生面倒見ますと、自分に誓うんだから。

その上で、この女性を愛しているか、

愛せていけるかを精査するんだから。

正直緊張はマックス!

訳分からなくなりますよ。

 

結婚適齢期を気にしたり、

周囲の結婚に焦ったり、

出産という体のタイムリミットを理由にしたり、

自己都合で結婚!結婚!と

騒ぐ女どもとは決意のステージがまるで違うのです。

 

これはねホボ、永遠に女性には理解できません。

いいんです、女性の本能ですから。

 

ただ、理解したほうが

男性に大事にされますし、正直、モテます(笑)

(あたりまえだわね)

 

で、話を戻しますと、

男性がそこまでの

一大決心をしたわけですから、

間違ってちゃいけないんですよ!!!

この決断を下した自分が

間違っていたなんて認められないわけです。

 

これを、

「夫が執着しちゃってーー別れてくれないの」

と愚妻、バカ女はのたまわる訳です。

もうね、哀れですよ。

その姿ったら。

ええ。

男に愛されたこと一度も、

無いんだね可哀想に・・・ですよ。

 

夫婦とは面白いものでご縁がきちんと在って一緒にいますから、

(離縁の過程で成長を学ぶカップルも)

同じことが同じ時に起きるんです。

 

男性側が、

上記のように執着を愛情と勘違いして苦しんでいれば、

女性側も同じように執着で苦しみます。

経済的理由で別れられないとか、

この執着が愛情かしら?とか。

(もう嫌いなんだけどね。

 そもそも好きで結婚してないんだけどね)

 

双方に愛情は存在しないのです。

 

夫婦になって愛情を育んでこれなかったのです。

何にも築き上げられなかったのです。

 

都合が悪くなれば、互いの本音なんか

一つも話さないんだから。

知る必要ないと思っているんだから。

だって、自分のことをわかってもらえると勘違いして

結婚したんだから双方とも!

 

常に相手なんか見てません。

常に見ているのは自分です。

 

如何に自分勝手な状態かと、

相手を鏡に苦しみというエッセンスで

見せてもらっているのです。

 

これが今回の結婚の双方の学びだったというわけです。

 

自分の本音、知ろうねって。

 

もちろん、ここから気が付いて

夫婦を再構築することはいくらでも可能です。。

 

 

何度も言うけど

本当に本当に

愛していればね!

 

愛してはいなく、

ただの間違いを認めるわけにいかないならば無理です。

経済的理由で離れられないなら無理です。

世間体で離れられないなら、なおさら無理です。

 

ここね、人は非常に弱いですから、

本当のことから目をそらします。

自分にゴッツイ嘘をつきます。

 

ええ、かなりゴツめの。

 

そうやって自分を騙して、騙して、騙して・・・

相手が悪いんだ!となりますからね・・・。

勘弁してくれってやつでしょう?

やられたらどうですか?

 

貴方がいつまでも、

自分は「偽の愛情が似合っているんだ」と

自虐か、自尊心の低さから言っているならご自由に。

 

でも、この一度きりの人生、

心から魂から愛し合いたい!!!と願うなら、

もうご自分を騙すの、おやめなさい。

 

貴方の魂の愛情は貴方の形しかないんです。

世間と横並び、これでいいのかな?なんてやる必要ない。

 

存分に愛して、愛される喜びを感じるために

生まれてきたんです。

 

間違いなら間違いにさっさと気が付いて、

学んで、成長して、

愛している!!幸せだ!!!!

愛されている幸せだ!!!と、

幸せ過ぎて怖いというくらいに

愛の幸せに打ち震えてください。

 

男性はね、愛を知る過程が怖くて怖くて堪りません。

ね?

だって自分をすべて明け渡し、

感情を感じなければいけないんだもん・・・。

 

これは前の記事で書いた通り、

男性には怖いこと。

 

でも、どこかで望んでいる自分に気が付いているでしょう?

 

やり方がわからないから怖いの。

 

何故誰も教えてくれないかわかりますか?

 

男の数だけ、やり方があるからよ。

(女性もですー)

 

貴方オリジナルなの。

貴方の愛情も貴方オリジナル。

そしてそれをキャッチしてくれる相手は必ずいる。

 

一緒に愛を育んでいけるお相手は必ずいるんです。

 

でもオリジナルだからこそ分からなくて怖い。

その蓋開けたくない。

 

極度にここに恐怖感じる場合は、オススメしません。

クリアするの

今世じゃないのかもしれないから。

 

 

でも。

怖いながらも、欲しいと自覚している

貴方なら、手にできます!!

必ず。

絶対に。

そして自覚があるならば、

今世の貴方の最大の課題なのでしょう。

(え?クリアできなかったらどうなるのか?

 来世また同じ課題を別バージョンで

 来世ありますよコースにお申込み決定です!

 いつクリアしたいか貴方が決めればいいのです。)

 

自分の望みを簡単に葬り去らないであげて・・・

私のクライアント様達はその一歩が踏み出せた方々。

だから心から心から尊敬しているのです。

 

よく来たね、よく望みを拾い上げて来れたね。

偉かったね、痛かったね・・・

悲しかったね、苦しかったね、悔しかったね。

もう大丈夫だよ。

自分の愛の道、見つけようね。。。。ってね。

 

f:id:maa147:20161107223349j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

男の感情への恐怖心

ごきげんよう^^

 

相変わらずお天気がはっきりしませんね・・・。

そんな中、自分の心の中くらいはハッキリさせておきたいものです。

 

 

常々思ってますが、改めて、

綴りたいと思います。

 

それは・・・

 

 

殿方様って本当に可愛い

 

これです。

 

本当に繊細で、素直で、まっすぐで・・・

可愛いなぁって思いました。

 

40代男性にww

20代男性が可愛いのは当たり前なんです。

なーーーーんにも知らないんだから(笑)

 

それこそ大人社会に

「なんで?どうして?」と

無造作に言いまくっても許されるわけで。

それを可愛いと思うか、うざいと思うかは人それぞれですが。

(私はうざく感じる方です(笑))

 

最近この聞きまくる20代男子が増えてますからね。

最悪30代前半でもやりますからね。

男だったら聞いてないで体験してこい!!

と言いたくなります。

(いや、言ってます)

 

 

いいですか?

男尊女卑ではなくて、男と女がこの世にあるんだから、

役割っつーのはあるんですよ。

いつの時代になろうとも女性は精子を提供できませんからね。

男性が出産するのも無理です。

 

ボーダーレスなんて甘っちょろい考えでいうもんじゃありません。

自分の性役割から逃げるために使っているうちは

しっぺ返しを食らうでしょう。

性役割ってね、例えば出産できなかった女性に

 産まなかったね と言っているわけじゃありませんからね!)

 

 

話が逸れちゃった(;´・ω・)

 

でね、やっぱりね大人の男性って可愛いんです。

見栄もプライドもあるんだけどね、

でもね、やっぱり純粋でね、まっすぐでね、

怖がり。

 

これが最高に可愛らしい。

 

特に目に見えない心の部分の動きには

殊更 実は敏感で、故に怖がって触れたがりません。

 

そう、女性のほうが鈍感なんですよ。

 

女性のが強いなんて形容されますが、

いえいえ、、、

鈍感だからズカズカ心の領域の改革に漸進的なんです。

(えーほめてます(笑))

 

男性は心の動きに触れて良いにつけ悪いにつけ

ショックを受けたら、動けなくなります。

フリーズです。

 

そんなことしたら男として

仕事に立ち向かえなくなるのです。

何しろ男性は一つのことに

集中したらそれっきりになる訳ですからね。

 

男としてというのは

男社会で男が男として働く

ということです。

 

昨今は男女雇用機会均等法にて

男性社会で女性が働く異質分野での

大変さ過酷さばかりクローズアップされてきましたが、

男性社会で男がしのぎを削る男の働き方 の過酷さは

忘れ去られてしまっていますね・・・

悲しいな・・・・

比較してどうというのではなくて、

全く異質の過酷さが存在するということです。

比較するからおかしくなるのです!

 

これは、、、そうですねぇ、

50代の女性でも理解できない人はできていないでしょう。

 

 

これについて話し出すと永ーーくなるので、

ココは割愛。

 

 

で、そんな過酷さを抱えて男性は仕事ができないのです。

だから、心に蓋をしたがるんですね。

 

それらをね

受け止めてくれる人がこの世にたった一人でもいたら・・・

 

心強いですよね。

代わりはいないって大事にしたくなりますよね。

 

オリジナルの女神さまがそばにいてくれるようなものですね。

 

成功者たちは、

初めからそういう女性に出会うだけの自分で在ったか、

徐々にそういう女性を育てられる自分に成長していったんですよ。

(育てるってね偉そうですか?

 いえいえ、降伏するところからなんですよ。

 女性が女性であることにね・・・これはまた今度)

 

そして、それを理解する賢い女性と巡り合えているんです。

 

自分の心にきちんと触れて逃げずに向き合い

痛みも喜びも自分というものが

どういう感情を

どういうときに感じるのかしっかり把握しているから。

自分の本来の 快・不快がはっきり分かっていると、

理想の伴侶に巡り合うことは容易です。

 

が、自分本来の 快・不快を思いの外皆さんご存知ない。

 

だから一瞬のときめきってやつで恋をしたー!

って勘違いする。

自分を知らずにときめきを恋に直結させると

地獄行きです。

 

トキメキって・・・麻薬ですからね。

 

感情って感じるの、怖いのよぅ・・・って言いながら

一生懸命話そうとしてくれる男性を私は

とてつもなく 可愛い!!と思ってしまいます。

 

可愛いからって私はお母さんはやりませんし、

彼らもそれを望んではいないでしょう。

見守る可愛いねって愛情のオーラで包む、だけです。

 

f:id:maa147:20160908083638j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋する活力 

ごきげんよう

薫風もさわやかに、、、と言いたいところですが立夏を過ぎてから

不安定な天候が続きますね。

今日なんか夏日でしたが・・・。

 

 

今日のセッションは都内某ホテルラウンジ23階から。

 

クライアント様

楽しくなくて人生に途方に暮れているような半年前。

 

人生のパートナーを見つけたいけれども、

何しろ人生に疲れ切っていて、

望んでは、途方に暮れ、望んでは、途方に暮れを繰り返し、

本当にお疲れでした。

 

やっぱり

人生「~べき」「~ねばならぬ」で

自分自身を縛りに縛ってきた人生でした。

 

自立した非常に素敵な紳士なのですが、

自立も過ぎれば、邪魔なものになってしまうんですね・・・。

 

リラックスした自分を忌み嫌い、

リラックスした自分は受け入れてもらえるわけがないと

信じて疑わないところがおありで・・・

 

半世紀頑なに自分を否定し、受け入れず、許すこともしてこなかった。

 

そんなクライアント様は

半年でリラックスした自分を受け入れつつ、

やりたくないことはやらなくて良いと

自分に許可を出せるようになりました。

 

そんなクライアント様は、今、、、、

恋をする活力が湧くまでに

自分の生きる道に戻られました

 

自分の日常を報告出来る方がいるってイイですね!と^^

 

 

実際、自分に合う方がきちんと理解できている人なんて

殆どいません。

だって自分を知らない方がほとんどですからね。

知ってるつもり。。。

「自分はこんな人間だから」なんて

言いきれる方ほど危ないw

 

実際パートナーシップは

長年連れ添うことで、互いの型が出来上がるのですが、

それは若いうちから継続で、できること。

体力、気力が無限にあるんじゃないかと思える時期にね・・。

だってぶつかって、破壊しあって、やっと出来上がるんです。

 

パートナーシップを教えてくれる人なんて

いなかったからね・・・。

 

ある程度大人になってしまい(特に40過ぎてしまうとね)

自分の生き方が出来上がってしまうと、

パートナーが欲しい、けど・・・・

自分の生き方を変えられるか不安、

もちろんこの人生の折り返し地点の歳で

失恋なんて恐ろしくてできない。

 

男心は非常に繊細ですからね・・・

 

出会う前からきちんと自分を知り、

どんな方と、どんな人生を歩んで行きたいのかを

しっかり描ける様にしておけば、

必ずきちんとパートナーは見つかります。

 

その過程はきちんとお傍にいますから。。。

 

 

f:id:maa147:20170512002110j:plain

 

 

 

 

 

広告を非表示にする